【楽器の基礎知識 シリーズ】ドラム編 その1.ドラム・セットの基本構成

講師の鈴木(@dawlessonです。

今回から新しい動画シリーズ「非プレイヤーのための、楽器の基礎知識」シリーズを始めて参ります!

相変わらずネーミングセンスがそのままで微妙(自覚あり)ではありますが…。色々な楽器の基本構成や特徴、フレーズの作り方…といった内容を、その楽器の非プレイヤー視点で。あくまでDAW / DTMユーザーの視点から紹介していこうと思っています。

DTMユーザー視点で、楽器のことを紹介していきます。

DAWソフト上では、その楽器を演奏することができなくても。もっと言えばその楽器のことを知らなくても、打ち込みでフレーズを作ることができます。これは大きなDAW/DTMのメリットでもありますが、曲にあったフレーズが作れるか、その楽器“らしい”フレーズが作れるかは別問題だったりします。

もちろん、その楽器のプレイヤー(専門家)までの知識を身につける必要はありませんが、やはり基本を知っているかどうかで作れる曲の幅も。フレーズの説得力も変わってくると思います。

このシリーズは、その楽器のことを知らない方向けに、特徴や基本的なフレーズ、曲の中での使い方などをなるべくシンプルに紹介していければ…と思っています。

第一弾はアコースティック・ドラムです。

その第一弾は、アコースティック・ドラムを取り上げてみようと思います。

まずは楽器の基本…ということで、ドラムセットはどんな楽器で構成されているのかを見ていきます。

次回からは、実際にどのようにドラム・パターンを作っていったらよいのか…といった実践的な内容に入っていく予定ですので、ぜひチェックをお願いいたします!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。