定番コード進行を知ろう! パターンその4 IV-V-I-VIm

講師の鈴木(@dawlessonです。

ご好評いただいている、定番コード進行解説シリーズ、第4回目をお送りします。

今回は、前回紹介した循環コードのバリエーションの1つ、「逆循環コード」の1例を見てみましょう!

循環コードとは

ある進行を繰り返して使用できるコード進行のことを「循環コード」と呼びますが、このシリーズの2回目で紹介した通り、コード進行は必ずT(トニック)から始めなくてはいけないという訳ではありません。

それを応用したのが、今回紹介する逆循環コードです。動画では、前回の「 I-VIm-IV-V」をIVから並び替えた「IV-V-I-VIm」という例を紹介しています。

前回の循環コードもそうでしたが、あくまで一例ですので、逆循環コード=「IV-V-I-VIm」という決まった形ではない点はご注意くださいね!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。