Soundtoys / EchoBoy で選択可能なスタイルの詳細【動画の補足】

講師の鈴木(@dawlessonです。

本記事はYoutubeで公開している「Soundtoys / Echoboy」動画の補足情報です。

EchoStyleについて

Echoboyでは、スタジオ・テープからペダルまで、様々な効果を再現できるStyleが収録されており、選択したStyleによってディレイ音はもちろん、サチュレーションの掛かり具合にも変化があります。

Master Tape

AmpexのATR-102をモデルにした、滑らかで心地良いディレイ音が特徴。30ips動作で、サチュレーションも綺麗に掛かります。

Studio Tape

同じくATR-102をベースにしたタイプですが、こちらは15ips動作時をシミュレートしています。

EchoPlex

名機、EchoPlex EP-3テープ・エコーをモデルにしたタイプです。

Space Echo

Roland RE-201 Space Echoをベースにしたタイプです。フィードバックを上げたときの、自己発振も再現されています。

Tube Tape

最新のテープ・エコーをモデルにしています。中高域がクリアでサチュレーションも多めです。

Cheap Tape

安価なテープ・エコーをモデルにした、オリジナルのスタイルです。明るいサウンドが特徴です。

Memory Man

Electro-harmonixの名機、Memory Manをモデルにした、ウォームでナローなコーラス・サウンドです。

DM-2

BOSSのDM-をモデルにした、定番のギター・エコー・サウンドで、パンチの効いたサウンドが特徴です。

RelRay

Adinekoをモデルにした、Tel-Ray(現Morley)のオイルカン・ディレイをベースにしています。

Binsonette

Binson Echo-RecとEcho-Rec IIをベースにSoundtoysが独自に生み出したディレイ・スタイルです。

Telephone

電話のようにナローレンジなタイプで、特にボーカルとの相性は抜群です。

AM Radio

AMラジオのような、中域が潰れたようなサウンドを再現します。

FM Radio

FMラジオのような圧縮率の高くラウドなサウンドです。

Shortwave

短波の長距離ラジオのようなサウンドです。

Transmitter

CBラジオのように、中域に特徴のある歪みのスタイルで、シンセ音との相性が抜群です。

Digital Delay

クリアなデジタル・ディレイサウンドです。

Analog Delay

70〜80年代のビンテージ・ラックディレイを彷彿とさせる、温かくサチュったディレイ・サウンドです。

Digital Chorus

80年代に生まれた、デジタル・コーラスを再現しています。非常にクリアな広がりが特徴です。

Analog Chorus

用途や楽器を選ばずに使える、定番のアナログ・コーラスサウンドです。

CE-1 Chorus

世界初のコーラス・ペダル、BOSS CE-1を再現したコーラス・スタイルです。

Vibrato

ビブラート効果を生み出します。

Saturated

テープ・サチュレーション・サウンドです。ボーカルやドラムに最適です。

Fat

ウォームで歪んだエコー・サウンドです。ギターなど分厚いサウンドに最適です。

Distressed

歪んだディレイ・サウンドです。

Limited

リミッターが組み込まれたタイプで、フィードバックを高めで使うと効果的です。

Distorted

強く歪んだディレイ・サウンドです。

Queeked

マルチバンド・コンプレッサー処理を施した、ユニークなディレイ・サウンドです。

Ambient

歪みとディフュージョンを組み合わせた、ユニークなサウンドです。

Diffused

アンビエント・リバーブのような空間を生み出すディレイです。

Splattered

高反射のリバーブ効果を生み出します。

Verbed

エコーとチープなリバーブを組み合わせたようなサウンドで、フィードバックとサチュレーションによってサウンドが大きく変化します。

スタイルはカスタマイズが可能!

これらを使い分けるだけでも大変ですが… さらに「Style Edit」ボタンを押すことで、スタイルはカスタマイズが可能です。どこまででもサウンドを追い込んでいける…これがEchoboyの魅力です。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。