Cakewalk by Bandlab で始める! DTM入門講座 #44 トラック・テンプレート機能の活用方法

講師の鈴木(@dawlessonです。

Cakewalk by Bandlabを題材にした、DTM入門講座の第44回目をお送りします。

今回は「トラックテンプレート」というCakewalkの機能を紹介します。 トラックに設定されている音源やエフェクト、チャンネル・ストリップのパラメーターをまとめてプリセット化できるという機能で、よく使う音色等を保存しておくと、曲作りの効率が大幅に向上します!

よく使う組み合わせは、どんどん保存しよう!

DAWソフトで曲を作る中で、地味に面倒なのがトラック作りだと思います。

空のトラックを立ち上げたり、シンセを起動して新しい音を探す…といった場合は大した手間ではないと思いますが、曲作りを続けていく中で「起き入り」の組み合わせが出てくるもの。音源や複数のエフェクトの組み合わせを、トラックを作るたびに設定するのはかなり面倒。音源やプラグインごとにプリセットを保存しても、いくつもの操作を行わなければならず、結構なストレスになると思います。

そんなときに便利なのが、トラックテンプレート機能です。トラックに設定されている音源やエフェクトの組み合わせやチャンネル・ストリップの状態を組み合わせて「1つのプリセット」化できる機能で、複数のエフェクトを組み合わせた複雑なパッチが数クリックでリコールできます。

また、さらに便利なのが複数のトラックを1パッチ化できるということ。これを利用することで、超面倒な音源のマルチアウト状態をプリセット化する…なんて使い方もOKです!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは20分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。YouTubeやblogで紹介した製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。