Logic Pro X 活用 Tips 第41回 ソフト音源の音をモノラルで聞く・書き出す

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回は音源をモノラルとして扱う方法についてです。曲作り…特にミックスをする上で、モノラルとステレオの扱いは基本ですし、場合によってはモノラルとして扱った方が効果的なケースもあります。

何ができるの?

Logicはこの辺りが少し特殊だったりするので、一筋縄ではいわなかったりします(笑)。

ということで、今回はステレオ出力のソフト音源を、モノラルとして聞いたり、モノラルのファイルとして書き出す方法を紹介します。詳しくは動画でご確認頂きたいと思いますが、単純にモノラルとして聞ければ良いだけであれば、プラグインを使ってしまえばOK。また、一度モノラル・バスにまとめるというのもアリです。

書き出す場合には、マスター・トラックをモノラルにしてバウンスすればOK。方法自体は簡単です。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。