今すぐ使えるLogic Pro X 活用 Tips 第27回 色々な書き出し機能を活用しよう!

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回はプロジェクト・データの「書き出し」機能について紹介します。

https://youtu.be/EpGI4B48JSM

何ができるの?

「書き出し」機能の中で1番メジャーなのは、楽曲が完成したときにステレオのオーディオ・ファイルとしてエクスポートする「バウンス」機能だと思いますが、Logicにはバウンス以外にも色々な書き出し機能が搭載されています。

例えば…

・特定のトラックだけを書き出す

・特定のクリップだけ、もしくは特定のクリップだけをバウンスして書き出す

・すべてのトラックを別々のオーディオ・ファイルとして一気に書き出す

といったことができます。具体的な操作方法については、動画でご確認ください。

例えば、エンジニアにミックスを依頼する場合や、他のDAWソフトを使っているメンバーとのやりとりやコライトなどで便利に使うことができますので、ぜひ活用してください!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。