Arturia / MiniFuseシリーズをレビュー!

講師の鈴木(@dawlessonです。

久々となるハードウェアのインプレッションを紹介します! 今回レビューしていくのはArturiaのUSBオーディオ・インターフェースの新モデル「MiniFuse」シリーズです。

Arturiaのオーディオ・インターフェースといえば、AudioFuseシリーズとして中堅価格帯のモデルが展開されてきましたが、新たな「MiniFuse」シリーズは16,000円程度〜と、手に取りやすい価格を実現したラインナップになっています。

好みを問わずに使える、万能系サウンド

Arturiaのオーディオ・インターフェースは、以前にAudioFuseは音を聞いたことがあったのですが、正直に言えばそのときはあまり印象に残らず…。落ち着いていて扱いやすい音ではあったのですが、価格相応という感じのイメージでした。

それよりも入出力の豊富さに「凄いなー」と。背面に「え?」って位の端子が並んでいるインパクトの方に目がいってしまっていたのですが、今回MiniFuseを聴いてみてちょっとビックリしました。

癖がなくて非常にクリア。歪み感もなく、程よくスピード感も感じられる万能系サウンドというか、非常に今風な音という印象で間違いなく価格以上! マイク・プリアンプも色づけを廃したナチュラル系で、好き好みを問わないと思います。

話はずれますが、最近の低価格帯のオーディオ・インターフェースのコスパは驚くべきものがありますよね。売れ線だとMOTUのMシリーズやSSLあたりが人気ですが、このMiniFuseも決して負けてないです! 同タイミングでUniversal Audio社もVoltシリーズをリリースしたりと、単純に価格だけで判断できないモデルが沢山で逆に目移りしてしまうかも…。

あと特筆すべきはヘッドホンやマイク・プリアンプのパワー。USBバスパワーでありながら、十分な音量を稼ぐことができます。個人的には、この辺りはかなり重要だと思っており、ダイナミック・マイクやインピーダンスの高いモニター・ヘッドホンを安心して使えるのは大きなアドバンテージです。

コンパクト&視認性抜群

筐体は非常にコンパクト。幅はもちろんですが、驚いたのが奥行き。このクラスのインターフェイスは奥行きが長いものも多く、いざ持ち運んでみると鞄の中で意外と面積をとってしまいますが、MiniFuseは完全な長方形。手に持ってみると想像以上にコンパクトで軽いのが印象的です。

入力GAINつまみに仕込まれたLEDで信号のクリップを確認できたり、レベルメーターが付いていたりと視認性も抜群です。

入出力自体はシンプルですが、便利なのはUSB HUB機能。1系統ですがUSB-A端子が搭載されており、ここにMIDIキーボードやドングルなどを接続することができます。MacBook系はじめ最近のノートパソコンはUSBポートの確保が一つのテーマだったりしますので、「ちょっとつなぎたい」時に、ここに1口あるのは便利です。

コスパが異常なバンドル・ソフト

純粋にオーディオ・インターフェースとしても十分優秀ですが、そのコスパに拍車を掛けているのがバンドル・ソフトの充実っぷりです。純に見ていくと…

Arturia / Analog Lab Intro

Arturiaが誇るソフトウェア音源コレクション「V Collection 8」から抜粋した500音色を収録した、シンセサイザー/キーボード音源。抜粋版ではありますが、有名モデルを代表する象徴的なサウンドが収録されているので、「あ、この音聴いたことある!」という美味しいところどりの内容になっています。

なお、フルバージョンへ優待価格でアップグレードもできるようです。

Arturia / Arturia FX

FX Collectionから、「Pre1973(Neve)」、「Rev Plate-140(EMT)」、「Delay TAPE-201(Roland)」、「Chorus JUN-6(Roland)」の4プラグインを収録。こちらはフルライセンス(1つ$99.0)なので、これだけでも元が取れてしまいます!

Ableton / Live Lite

Abletonの人気DAW、Liveのライト版です。

Native Instruments / Guitar Rig 6 LE

Native Instruments社のソフトウェア・ギターアンプ・シミュレーターです。

Antares / Auto-Tune Unlimited(3ヶ月)

お馴染みのボーカル補正ソフトウェア、Auto-TuneシリーズやAVOXなどを使用できるサブスクリプション・サービスの3ヶ月ライセンス

Splice / Creator Plan(3ヶ月)

膨大な数のロイヤリティー・フリーの音ネタが使用可能なSpliceの3ヶ月ライセンス

シリーズ・ラインナップ

MiniFuseシリーズは、ブラックとホワイトの2色主に入出力の違いで3タイプ/6モデルがラインナップされます

MiniFuse 1

1イン2アウト。※本モデルだけMIDI入出力がないので注意してください

MiniFuse 2

2イン2アウト。迷ったらコレ!

MiniFuse 4

2系統のマイク・プリアンプを搭載した4イン4アウト。ヘッドホンやUSB HUBも2系統に拡張されているのがポイント

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。