A.O.M. / Triple Faderの使い方とレビュー

講師の鈴木(@dawlessonです。

今回はA.O.M.がリリースしたフリー・プラグイン「Triple Fader」を紹介します。

A.O.M.といえばSakura DitherやInvisible Limiter、Nu Compressorなど良い評判しか聞かないプラグインを多数リリースする国産ベンダー。私自身ずっと気になっているのですが、これまでタイミングやらが合わず…だったのですが、このTriple Faderは見た瞬間に「これ、絶対便利なやつだ!」と。

こういう地味だけど作業効率をガッツリ引き上げてくれる系のユーティリティー、大好きなんです 笑

https://aom-factory.jp/ja/products/triple-fader/

DAWのミキサーとは別にフェーダーを持てる!

Triple Faderは、3つのフェーダーを持ったゲイン・プラグイン。他のプラグインのように、音をカッコ良く加工することもなく、純粋に音量を変化させるだけの超シンプルなプラグインです。

これだけ見ると、「そんなん意味あるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、DAWソフトのミキサーとは別に、独立したレベル・コントロールができるというのは色々な面で便利です。

一例を挙げてみると…

  • Triple Fader上でオートメーションを書くことで、DAWミキサーのフェーダーはいつでも音量調整可能
  • 3つのオートメーション・テイクを比較視聴できる
  • 3つのレベルに瞬時に切り替え可能
  • フェーダー1本よりも細かな音量コントロールが行える

といった感じでしょうか。

これらはあくまで一例なので、アイディア次第でかなり便利に使えるはずです。

フェーダー・レンジ調整とオン/オフ

Triple Faderの3つのフェーダーは、個別にON / OFFが可能で、しかもフェーダーで調整する音量幅を0.01〜60dBの範囲で指定できるのがポイントです。

3つのフェーダーそれぞれに違うレンジを設定して、音量を細かく調整しても良いですし、逆に同じレンジに指定。3つそれぞれに異なるレベルやオートメーションを書いておき、ON/OFFで切り替える…なんて使い方もできてきます。

ちなみにすべてのパラメーターがDAWソフト側からオートメーションさせることができます。

切り替え可能なレベル・メーター

また、地味ですがメーター・セクションも使い勝手が良いです。

ピークメーターとレベル・メーターの2本が用意されており、そもそも視認性が抜群。そしてレベル・メーター(右側)は、表示内容を(RMS 0.3/0.6/1.0/3.0秒、VU、LUFS Short-Term、LUFS Momentary)で切り替えられるという便利仕様です。ラウドネスに関しては、さすがにこのメーターで管理するのは厳しいとは思いますが、ザッと見る分には十分ではないでしょうか!?

Triple Faderは、フリー・プラグインです。個別インストーラーはないので、A.O.M.のダウンロードページからプラグイン・インストーラーをダウンロードし、インストール時にTriple Faderだけインストールするように指定すればOKです。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは20分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。YouTubeやblogで紹介した製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。