Logic Pro 10.7.3の新機能と変更点

講師の鈴木(@dawlessonです。

本日、Logic Proの最新アップデート「Logic Pro 10.7.3」が公開されています。ダイナミック・ヘッドトラッキングの対応、Mac Studioへ最適化が大きな変更点ですが、その他にも細かいバグフィックスなどが行われていますので、ユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

主な変更点は以下の通りです。※ヘッドトラッキングを使用するにはMontereyバージョン12.3以降が必要ですが、10.7.3自体はmacOS Big Sur 11.5 以降であればアップデートが可能です。

Logic Pro 10.7.3 新機能と拡張機能

アップデートのインストール時には、万が一に備えて旧バージョンをバックアップを必ず行うようにしてください!

安定性と信頼性

  • AppleシリコンMacでLogicProを実行しているときにAudioUnitsプラグインがクラッシュした場合、Logicは引き続き実行され、[回復/終了]ダイアログから[回復]を選択すると、プラグインが自動的に再ロードされます。
  • SlateプラグインをロードまたはコピーするときにLogicがハングすることがある問題を解決します。
  • Apple Siliconで実行しているときに、特定のAUプラグインのプリセットを変更すると、Logicが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。
  • プロジェクトを読み取り専用の場所に保存すると、プロジェクトのデータが失われる可能性がある問題を修正します。
  • 「以前に選択したオーディオインターフェイスが利用できない場合に、Logicが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。このセッションでは、代わりにコンピュータの内蔵オーディオ入力と出力が使用されます」は、韓国語で実行されているシステムに表示されます。
  • Audio Unitsプラグインが予期せず終了した場合、再生が停止するようになりました。
  • RME Fireface UCXがオーディオ出力デバイスとして設定されている場合に、Logicが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。
  • SoundCloudと共有するときにLogicがハングする可能性がある問題を修正します。
  • 環境でマクロを作成するときにロジックが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。
  • Kontaktのインスタンスを含むプロジェクトを空間オーディオに変換するときにLogicがハングする可能性がある問題を修正します。
  • 特定のプロジェクトで[プロジェクトオーディオ]ウィンドウを開いたときにロジックが予期せず終了する可能性がある問題を修正します。

パフォーマンス

  • BetterSnapToolユーティリティも実行しているAppleSiliconMacで自動化ポイントをドラッグすると、自動化の表示がすぐに更新されるようになりました。
  • Softube Model 84プラグインを自動化するときに、ロジックの応答性が維持されるようになりました。
  • MIDI 2.0が有効になっている場合、AudioUnitsv3プラグインが再生時にグリッチすることがある問題を修正します。
  • スコアでノートを選択するときのパフォーマンスが向上します。
  • 特定のAudioUnitsプラグインを使用するプロジェクトは、より高速にロードされるようになりました。
  • AppleシリコンMacのパフォーマンスと安定性の強化が含まれています。

アクセシビリティ

  • VoiceOverは、録音ボタンの状態を正しくアナウンスするようになりました。

空間オーディオ

  • LogicからADMファイルをエクスポートするときに、自動パンが早期にレンダリングされなくなりました。
  • 大きなADMファイルがより迅速にインポートされるようになりました。
  • Logicは、Spatial Audioの絶対自動化パラメーターを、相対自動化をサポートしないパラメーターの相対自動化に変換しなくなりました。
  • サラウンドマスターチャンネルストリップのSpatialAudioモニタリングプラグインをミュートすると、期待どおりに機能するようになりました。

囲む

  • サラウンドに設定されたドラマートラックのキャラクターを変更しても、チャンネルストリップがステレオに切り替わることはなくなりました。

ステップシーケンサー

  • コピーされたパターンリージョンの行は、元の行のMIDIチャンネル設定を維持するようになりました。
  • 複数のステップを含む列のステップに対してモノモードを有効にすると、期待どおりに列の他のステップがオフに切り替わるようになりました。
  • モノモードを有効にしてステップのオン/オフをランダム化すると、行全体でステップがより均等に分散されるようになりました。
  • [プロジェクトキーにトランスポーズ]アクションが実行された直後に、[パターンキー]メニューの表示が更新されるようになりました。
  • パターン領域のスポット消去により、対応するステップと基になるイベントがパターンエディターから削除されるようになりました。
  • パターンリージョンを拡張した後、ステップシーケンサーとメインウィンドウの再生ヘッドが正しく整列しない問題を修正します。

ライブループ

  • セルの選択が解除された後、ピアノロールはライブループセルの内容を表示しなくなりました。
  • [再生中のセルをここにコピー]コマンドに、キューに入れられたセルが含まれるようになりました。
  • サイクルをライブループにコピーコマンドをパターン領域に適用すると、それがMIDIセルとしてライブループグリッドに追加される可能性がある問題を修正します。

サンプラーとクイックサンプラー

  • クラシックモードで既存のサンプルに長いフェードを適用した後にインポートされた新しいサンプルのスライスが、確実にトリガーされるようになりました。
  • サンプラーのインスタンスをロードするときに、外部ボリュームに保存されているサンプルが確実に検出されるようになりました。
  • サンプラーの[名前を付けて保存]メニューに[オーディオ付きで保存]オプションが追加されました。

プラグイン

  • Logic Remoteを使用して調整すると、DelayDesignerTapパラメーターが正しく切り替わるようになりました。
  • AUv3MIDIプラグインがLogicProで完全に機能するようになりました。
  • Vienna Instruments VEPro 7 AudioUnitsV3プラグインを使用しているときにメモが詰まる可能性がある問題を解決します。
  • MIDI FXプラグインをチャンネルストリップに追加すると、チャンネルストリップのエイリアスにある既存のマッピングが削除される可能性がある問題を解決します。
  • アルペジエータープラグインは、アルペジオの最初のノートまたはコードがグリッドからわずかに外れて演奏される猶予期間を提供するようになりました。

追跡

  • Chase CC64が有効になっている場合、同じトラック上の既存のリージョンの終了後にMIDI録音を開始すると、録音されたリージョンが前のリージョンに戻る可能性がある問題を解決します。

オートメーション

  • MIDIリージョンを使用したレコードの自動化が有効になっている場合に、読み取りモードでの自動選択の自動化パラメーターが機能するようになりました。
  • マルチトラックMIDIレコーディング中にMIDIリージョンで録音されたオートメーションは、正しいトラックに確実にルーティングされるようになりました。
  • クリックしてリージョンベースの自動化をレーンに追加すると、すべての位置で確実に機能するようになりました。
  • オプションを押しながら鉛筆ツールを使用して自動化を編集することは、鉛筆ツール:段階的編集の自動化設定のオプションを保持が有効になっている場合に期待どおりに機能するようになりました。
  • プラグインのUIでコントロールを調整して自動化を書き込むと、書き込まれた初期値がパラメーターの可能な限り低い設定に設定されなくなりました。

ドラマーとドラムマシンのデザイナー

  • 個々のドラムパッドのプレビュー(スピーカー)ボタンをクリックしてDrum Machine Designerのメイントラックに録音すると、期待どおりに再生時にサウンドがトリガーされるようになりました。
  • ブラシドラムは、すべてのノートオフイベント(MIDI CC#120)に応答するようになりました。

フレックスピッチとフレックスタイム

  • [フレックス編集用のオーディオの分析]コマンドは、各ファイルに複数のリージョンがある場合でも、各オーディオファイルを1回だけ分析するようになりました。

ミキサー

  • 外部インストゥルメントトラックのレベルメーターが再生中に機能するようになりました。
  • Sends on Fadersを有効にして、選択した複数のトラックを一度にパンすると、すべてのトラックの正しいパン位置が維持されるようになりました。

グループ

  • サイズ変更ツールを使用してグループ化されたトラックのリージョンを編集すると、期待どおりに機能するようになりました。

MIDI入力

  • 18を超える着信MIDIトラックのライブ信号モニタリングを有効にする問題を修正します。

エクスポートしてバウンスする

  • 44.1 kHz以外のサンプルレートでプロジェクトをバウンスする場合、[CDに書き込む]オプションは、CDに書き込む前にプロジェクトを44.1kHzに変換するようになりました。
  • バウンス時にプログレスバーが期待どおりに更新されるようになりました。

輸入

  • 保護されていないオーディオファイルをミュージックからロジックに直接ドラッグできるようになりました。
  • iOS用GaragebandからインポートされたプロジェクトでMIDIノートが予期せず長くなる可能性がある問題を解決します。

Logic Remote

  • NoiseGateプラグインのフィルターにLogicRemoteからアクセスできるようになりました。

MIDIコントローラーとコントロールサーフェス

  • [コントローラーの割り当て]ウィンドウに、プラグインマネージャーで定義されたプラグインの短縮名が表示されるようになりました。
  • 以前にサポートされていたさまざまなコントロールサーフェスとMIDIコントローラーのサポートを復元します。
  • コントロールサーフェスは、ライブループセルに録音するときに録音状態を確実に表示するようになりました。
  • Logicは、デバイスのLuaスクリプトも利用できる場合に、MIDIコントローラーの利用可能な組み込みサポートを一貫して優先するようになりました。

スマートコントロール

  • ブロードウェイビッグドリーマーパッドパッチのハイカットのスマートコントロールが反転しなくなりました。

スマートテンポ

  • プレビューは、SmartTempoエディターのソフトウェアインストゥルメントトラックと一貫して機能するようになりました。

ステップレコーディング

  • ステップ入力キーボードのノートをクリックすると、予期しないCC#120オールサウンドオフイベントがトリガーされる可能性がある問題を修正します。

元に戻す

  • プラグインパラメータの変更は、ライブラリパネルにフォーカスがあるときに正しく元に戻すようになりました。
  • パターン領域で行の色を変更するときに、元に戻すことができるようになりました。

編集

  • Tabキーで、オーディオファイルエディタのフィールド間でフォーカスが移動するようになりました。
  • ピアノロールインスペクターが非表示のときに折りたたみモードが有効または無効になっている場合に、ピアノロールサイドバーから黒いキーが消える可能性がある問題を修正します。
  • ピアノロールは、2つのMIDIテイクリージョンが接着されている場合に期待されるすべてのコンテンツを表示するようになりました。
  • ダブルスピード変換セットが正しく機能するようになりました。

全般的

  • オーディオリージョンを分割すると、正確に予想される長さの新しいリージョンが一貫して作成されるようになりました。
  • TrackVelocityLimit設定が期待どおりに機能するようになりました。
  • トラックヘッダーのボタンは、すばやく2回切り替えた後も、機能し続けるようになりました。
  • 繰り返しコピーされた領域は、常に正しいグリッド位置に配置されるようになりました。
  • トラックエリアとメインウィンドウエディタの間の仕切りをダブルクリックすると、エディタペインが閉じます。
  • グループ化されたトラックで選択されたすべての領域は、ゼロクロッシングへのスナップ編集とフレックスタイムの両方を有効にして、1つの左側の境界線を右にドラッグしたときに、正しい位置を維持するようになりました。
  • MIDIギターのコールドからのノート入力が予期せずハングすることがある問題を修正します。
  • MIDIリージョンインスペクターのトランスポーズパラメーターが、パラメーターUIの外側でのマウスの動きやクリックによって誤って影響を受ける可能性がある問題を修正します。
  • Logic Proの設定を初期化すると、プラグイン遅延補正がすべてに設定されるようになりました。
  • マーキー選択が自動パンチ記録を有効にする設定が無効になっている場合、[記録を破棄して最後の再生位置に戻る]コマンドは、記録をそのまま残さなくなり、アクティブなマーキー選択に交差する記録が作成されます。
  • トラックの代替セレクターがトラックヘッダーに表示されているときに、トラック名が一貫して表示されるようになりました。
  • 現在選択されているトラックの隣接トラックに設定されたアイコンを選択できるようになりました。
  • メインウィンドウでインスペクターの境界線をダブルクリックすると、期待どおりにインスペクターが閉じます。
  • Logicが新しく利用可能なBluetoothオーディオデバイスに接続すると、出力のみが自動的に設定され、以前の入力設定には影響しません。

YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは20分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。YouTubeやblogで紹介した製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。