Cakewalk by Bandlab で始める! DTM入門講座 #26 ベロシティで打ち込みに強弱を付ける

講師の鈴木(@dawlessonです。

Cakewalk by Bandlabを題材にした、DTM入門講座の第26回目をお送りします。

今回からはCakewalkを使って曲作りするときに、知っておきたい機能やテクニックについてTips的に紹介していきます。

ベロシティで、演奏に強弱を付ける

MIDIで打ち込みを行う上で、非常に重要になるのが強弱の演奏表現。マウスで打ち込みを行う場合、そのままではすべての音が同じ音量で演奏されてしまい、人間味のない無機質な演奏(それがカッコ良い音楽ジャンルもありますが)になってしまいます。

そこで、演奏時の強さを調整するのが「ベロシティ」というパラメーターです。特に生楽器をリアルに再現した音源を使う場合、ベロシティによって音色のニュアンスが大きく変わってくるため、ベロシティを調整することが、リアルな演奏表現の必須条件になってきます。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。