Logic Pro 活用 Tips 第58回 プロジェクト保存形式の違いと使い分け

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。今回はLogic上のオーディオクリップを、直接外部のエディタで編集する方法を見ていきましょう。

面倒なエクスポート/インポートの手間が省ける!

Logicのプロジェクト上にあるオーディオファイルを外部エディタで開こうとした場合、通常でれば「書き出し」と「再取り込み」の作業が必要になります。どちらも操作としては特に難しいことはありませんが、数が多かったりタイミングを合わせたりと地味に面倒な作業ですよね…。

そんなときに便利なのが「外部サンプルエディタ」という機能。この機能を使うことで、直接編集ソフトが開き、編集結果も自動で反映してくれる…という作業効率を劇的に向上してくれる便利機能。動画内でも使っていますが、iZotopeのレストレーション・ツール「RX」シリーズ等と組み合わせて使うと、最高に便利ですのでぜひお試しを!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。