Logic Pro X 活用 Tips 第47回 複数トラックをピアノロールで効率的に編集する!

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回はピアノロールでのマルチパート編集のTipsです。セクションで組み立てるパート…例えばストリングスやブラス、ドラムを打ち込む際、ピアノロールで複数パートを同時に表示させながら編集していく場合も多いと思いますが、今回の機能を知っていると、マルチパートのMIDI編集がもの凄く楽になります。

何ができるの?

トラック・ウィンドウで複数のトラックやリージョンを同時に選択すれば、複数パートを同一ピアノロールに表示することができます。

これはご存知の方が多いと思いますが、セクションの編集…例えばタイミング合わせやハーモナイズをしていると、複数/単体パートの表示を見比べながら編集したい! というケースは多くないでしょうか?

単に複数選択するだけでは、毎回トラック・ウィンドウでリージョンを選び直して… というのは、単純操作だけに意外と面倒だったりします。

今回紹介する機能を知っていると、マルチ・パートを表示した状態から、マウスのポインタを移動させずに任意の単一パートを表示。同じくポインタ移動なくマルチ表示に戻すことができます。

詳しくは動画でご確認ください!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。