今すぐ使えるLogic Pro X 活用 Tips 第22回 CPU負荷を抑えて、重い音源を快適に使うヒント

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回は、DAWソフトを使う上で避けては通れないCPU負荷の問題を緩和する方法を紹介します。

何ができるの?

ハイクオリティーな音源は、CPU負荷も高いことが多いですよね…。ちょっと弾いただけで、CPUがオーバーロードしてブチブチとノイズが出てしまう…。そんなことに悩まれている方も多いと思います。

オーバーロードを回避する1番簡単で効果的な方法は、バッファサイズを上げることですが、それだとレイテンシーが大きくなって作業に支障が出てしまいます。

LogicにはCPU負荷を効率的に使うための機能が用意されています。また、ちょっとした仕様を知っているだけで、音源の負荷を一気に落とせるかも…。詳しい使い方は動画をご覧下さい。

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です