【気まぐれ耳コピー vol.8】坂本真綾 / 逆光

講師の鈴木(@dawlessonです。

今週はツキイチ恒例の耳コピ動画をお送りいたします。

まだ8回目ではありますが、ここ最近はちょこちょことリクエストを頂くようになり…。今回のテーマも、リクエストで坂本真綾さんの「逆光」という楽曲をやってみました。

この曲は最新楽曲ということで、このコーナーで新しい曲に挑戦するのって何気に初めてな気がします。今月も作例と、解説編の2つの動画を撮ってみました。

坂本真綾 / 逆光

今回のテーマですが、これまで8回の中でダントツに難しかったです。。

具体的に何が…(メロディーはめちゃムズ)というものではないのですが、音程のない音だったり、全体の温度感というか雰囲気の再現に苦戦しました。

原曲に似せることができたか…というのは、少し自信がありませんが、今回の制作例です。

トラック構成

楽器構成的には、非常に好み…というか、自分の曲でもよくやる編成だったので、その辺は苦労しませんでした。

今回作成したトラック構成と、使った音源は以下の通りです。

・ギター :生弾き

・ベース:生(指弾き)

・ピアノ:Native Instruments / THE GRANDEUR

・ストリングス(Vl+Va+Vc+DB):Best Service / Chris Hein Solo Strings Complete + Vienna / Chamber Strings

・ドラム:Fxpansion / BFD 3(ライブラリーはサードパーティー製のものを使用)、Native Instruments / BATTERY 4

・フィードバック:Spectrasonics / Omnisphere 2

・ノイズ:Spectrasonics / Stylus RMX

サウンドのポイント

プロジェクトの内容について、動画でだらだら喋ってみました。

楽曲全体を通して、低域パートの動きが綺麗でカッコ良いな! というのが印象に残りました。動きのあるベースはもちろんですが、ポップスだとルートを被せるだけになりがちなチェロにも、ちゃんと個別に動きと聞かせドコロが作られています。

ライブラリ的には、全パートCnris Hein Solo〜を使っています。ショート・ノートについてはアーティキュレーションを変えていますが、エクスプレッションの類は何も書いていません(ベロシティーも、ほぼリアルタイム入力したまま)。

Spitfireもそうですが、あまり細かい作り込みをしなくても、そこそこ聴けてしまうのが最近のストリングス・ライブラリの良いところですね!

またピアノ・パートですが、今回はKOMPLETEにも収録されているNative Instruments / THE GRANDEURを使っています。KOMPLETEにはいくつかピアノ・ライブラリーが収録されていますが、割と輪郭の甘い製品が多い印象だったりしますが、本ライブラリーは音数の多いポップスで使っても、ちゃんと主張してくれるので使いやすいと思っています。

この楽曲は、フィードバックやノイズなど、音程のないパートが多用されているのですが、これの再現は、無理そうだったので早々に諦めました(笑)。

フィードバックに関してはOmnisphere 2、ノイズはStylusでお茶を濁しています。

また、ギターのパートなど、何を弾いているのかちゃんと聴き取れない部分に関しては、「こんな感じかな?」と適当に入れちゃっています。

 

制作時間

約6時間

今回、ちょっと時間かかっちゃいました。。

耳コピー/オケ制作を承ります

DAW LESSONの制作サポート・サービスでは、耳コピーや音コピーの依頼を承っています。

あの曲をコピーしたいけど、似た音が作れない。メンバーが急に抜けちゃって、次のライブは打ち込みを使うしかないけど、メンバーが弾いていたフレーズが分からない…。そんなときにご利用くださいませ!

【サービス詳細】

耳コピー/音色コピー

 

 

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。