Cakewalk 活用 Tips 第9回 2020.04アップデートで追加された新機能

講師の鈴木(@dawlessonです。

今回は、先日公開されたCakewalkの最新アップデート「2020.04」で追加された新機能の中から、主立ったものを紹介します。最近のCakewalkは定期的にアップデートとバグフィックスを行ってくれており(ある意味ではSONAR時代よりもしっかりしているのでは…)、完全に無料ソフトの域を超えていますよね。

リリース・ノートを見ながら、変更点をチェックしていきましょう!

リリース・ノート(英語)https://www.bandlab.com/products/cakewalk/whats-new

アレンジャー・トラック

今回のアップデートの目玉となるのが、このアレンジャートラックです。曲の構成やフレーズの時間軸を変更したときに、どんな風になるのかを簡単に試せる機能です。

最近は他のDAWソフトにも搭載されていますが、Cakewalkのアレンジャートラックでは、複数のバリエーションを作っておき、簡単に聴き比べたり、各バリエーションを一括でオーディオ書き出しできる点がユニークな点です。

以下、リリースノートより

アレンジャートラックは、いくつかのワークフロー上のメリットを提供するアレンジツールです。個々のクリップを移動するのではなく、プロジェクト全体のセクションを1つのユニットとして簡単にアレンジできます。例えば、すべてのトラックの最初のコーラスと2番目のコーラスの位置を瞬時に入れ替えたり、最初のヴァースの長さを2倍にするためにコピーしたりすることができます。

非破壊的で非線形な方法で、さまざまな曲の構造を実験してみましょう。例えば、あなたの曲はAABA、ABAB、ABACの歌の形がベストでしょうか?時間範囲のセクションを定義し、クリップデータを破壊的に移動させることなく、任意の順序でシーケンスします。各プロジェクト内で複数のアレンジを保存することもできます。

色分けされた曲構造の概要を作成し、アレンジャーインスペクタを使って、プロジェクト内をすばやくナビゲートして曲のセクションにジャンプできます。

プロジェクトのタイムライン上の任意の場所に任意の曲のセクションを作成し、後でそれらをつなぎ合わせてシームレスに再生することができます。セクションは、プロジェクトのタイムベースの選択や編集を実行するための追加の方法を提供します。プロジェクトごとに無制限の数のアレンジを作成し、すべてを同時に書き出すことができます。

アレンジャートラックを表示または非表示にするには、トラックビュービューメニューをクリックし、アレンジャートラックの表示/非表示を選択するか、Aボタンを押します。ドラッグしてセクションを作成したり並べ替えたりして、タイムライン上で自由に移動させることができます。アレンジャータイムラインでの変更は、すぐにアレンジャーインスペクターのセクションリストに反映され、その逆も同様です。

アレンジャー・インスペクター アレンジャー・インスペクターを表示/非表示にするには、インスペクター・ペインの上部にある「アレンジャーの表示/非表示」ボタンをクリックするか、ALT+SHIFT+Iを押します。

ProChannelモジュールのプリセット

ProChannelの各モジュール単位でプリセットが組めるようになりました。これまでは、ProChannel全体でしかプリセットが作れなかったので、これは地味に助かる機能だと思います。

また、これに関係してProChannelモジュールの設定状態をコピーし、他のトラックのProChannelモジュールに適用することもできるようになりました。複数パートを同じセッティングにしたい際に非常に便利です。

以下、リリースノートより

ProChannelモジュールのプリセット。ProChannel チェーン全体(すべてのモジュール)のプリセットを保存するだけでなく、個々のモジュールのプリセットを保存してロードすることもできます。モジュールごとのプリセットコントロールは、各モジュールのヘッダーバーの左側にあります。

このリリースでは、いくつかのProChannelモジュールのプリセットが提供されています。

ProChannelモジュール間での設定のコピー/貼り付け。任意のProChannelモジュールから設定をコピーして、任意のトラックやバス上の同じモジュールの他のインスタンスに貼り付けることができます。

音源のマルチアウトの簡略化

マルチ出力に対応した音源(インストゥルメント)トラックを作成する際に、マルチアウト用のトラックを簡単に作成できるようになりました。これはドラム音源等を使うときの作業効率向上につながります!

以下、リリースノートより

マルチティンブラル・ソフトシンセを挿入するとき、シンセがサポートする最大のインストゥルメント出力トラックの数を指定することができます。利用可能な最大数のアウトプットトラックを最初に作成しない場合は、Synth Rack ビューまたはトラックストリップコンテキストメニューから必要に応じてトラックを追加することができます。

その他の変更点

  • アプリがすべての言語に対応するようにアップデートされました。
  • Edit > Preferences > Customization – Display の Display Clip Fade Attenuation オプションがキーバインディングとして利用できるようになりました。
  • 環境設定のAudio Driver Modeが適用ボタンをクリックしなくてもすぐに変更できるようになりました。
  • VSTのバグフィックスを含む最新のVST3 SDKにアップデートしました。

挙動の変更点

  • トラックの追加メニューからマルチティンブラル・ソフトシンセを挿入するときのトラックカウンターの動作が変更されました。出力ごとのインストゥルメントトラックまたは分割されたインストゥルメントトラックが選択されたとき、トラックカウンターは、作成するシンセのユニークなインスタンスの数ではなく、作成するインストゥルメント出力トラックの数を指定するようになりました。
  • CTRL+DELETE はトラックを削除します。
  • トラックの削除は、フォーカスされたトラックが選択されていない場合、フォーカスされたトラックだけを削除するようになりました。このような場合には、このメニューには「選択されたトラックとフォルダを削除」と表示されます。
  • Enhanced Keyboard Editing Modeを有効/無効にするためのデフォルトのキーボードショートカット(テンキーの0)は削除されています。Enhanced Keyboard Editing Modeを有効/無効にするには、Edit > Preferences > Customization – Keyboard Shortcutsで、Enhanced Keyboard Editingを未使用のキーボードショートカットに割り当てます。
  • ‘Bypass All Audio Effects’ ショートカットはデフォルトでは未割り当てです。すべてのオーディオエフェクトをバイパスするには、コントロールバーのMIXモジュールのBypass all Effectsボタンをクリックします。
  • 水平方向のズームは現在のカーソル位置を中心にしなくなりました。
  • マウスホイールまたは CTRL+LEFT/RIGHT ARROW ショートカットを使用してズームする場合、Now Time が現在ビュー内にある場合、ズーム中もその位置が保持されます。現在の時刻がビュー内にない場合、ズーム動作は変更されません。
  • ProChannel モジュールは、フレンドリーな短縮名を表示します。

バグフィックス

  • トラックベースのビューを参照しているワークスペース/スクリーンセットを空のプロジェクトに適用すると、クラッシュしたり、予期しない動作が発生したりすることがありました。
  • アーカイブされたトラックをフリーズするとクラッシュする問題を修正しました。
  • 入力を「なし」に設定した後にトラックをフリーズすると、クラッシュする問題を修正しました。
  • リアルタイム フリーズ操作をキャンセルすると、クラッシュする問題を修正しました。
  • バグ番号: UDevC0016816Ripple Edit の削除を元に戻すとクラッシュする問題を修正しました。
  • プロジェクト ファイルのパッチがないとクラッシュする問題を修正しました。
  • プロジェクトの終了時にハングする問題を修正しました。
  • ユーザーからクラッシュの報告がありました。Cakewalk.exe!CFretControlBar::resetNow() 行 220。
    ARA プラグインがインストールされていない場合、リージョン FX として ARA プラグインを削除できない問題を修正しました。
  • VST3でiZotope RelayがAdvancedタブを表示しない問題を修正しました。
  • iZotopeプラグインでトラック名が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 新しいWaves StudioRackプラグインでSPACEBARが動作しない問題を修正しました。
  • Waves StudioRackプラグインで、モジュールを開いたりUIからサイズを変更したりすると、背景が再描画されない問題を修正しました。
  • 低いディスクバッファでシークすると、オーディオカードのレイテンシーが高くなり、オーディオがカットアウトする問題を修正しました。
  • アーカイブされたAuxトラックがシグナルを通過します。
  • 再生時に Aux トラックをソロにすると、メトロノームがミュートされる問題を修正しました。
  • 再生マスターが選択されていないと、エラーは報告されていませんが、オーディオが失われる問題を修正しました。
  • フリーズをキャンセルすると、インターリーブボタンとフェイズボタンが予期せず変化することがありました。
  • バグ番号: UDevC0016816 オーディオドライバが存在しない状態でバウンシングまたはエクスポートすると、オーディオの範囲が正しくありませんでした。
  • 間違ったモニタにインスペクタストリップのコンテキストメニューが表示される
  • ダブルクリックしてクリップのプロパティインスペクタを開くと、インスペクタが期待通りに動作しない問題を修正しました。
  • トラックが Aux に送信されているインスペクタ ーストリップをクリックすると、インスペクタ ーに誤った出力ストリップが表示される問題を修正しました。
  • タブを切り替えると、インスペクタがちらつく問題を修正しました。
  • 一部のインスペクタのキーボードショートカットで、タブを閉じることができない問題を修正しました。
  • ブラウザからプラグインをドラッグすると、Aim Assist がタイムゼロでスタックする問題を修正しました。
  • 一部のビューでタッチパッドのスクロール方向が逆になる問題を修正しました。
  • Tungsten テーマでマーカービューの「Lk」列にロック状態が表示されない問題を修正しました。
  • Snap By でクリップをドラッグすると、予期しない結果が出ることがある問題を修正しました。
  • SHIFT+rigt-クリックの動作が MIDI トラックと一致しない問題を修正しました。
  • 未使用の内部ビューに対して、スクリーンセットとビューの状態が不必要に保持される問題を修正しました。
  • コントロール バーでマウス ホイールを使用すると、コントロール バーが左揃えになることがありました。
  • ALT+M を使用すると、インストゥルメントトラックが MIDI チャンネルをミュートする問題を修正しました。
  • インストゥルメントトラックの複製に失敗したことを確認してください。
  • インプットエコーのキーバインドがトラックビューのシンプルなインストゥルメントトラックを更新しない問題を修正しました
  • MIDIポートを追加したときのインストゥルメントトラックの予期しない動作問題を修正しました。
  • MIDI デバイスを追加または削除すると、ソフトシンセが不正なポートにアサインされることがありました。
  • バグ番号: UDevC0016816 カスタムプロジェクトのロードアファメーションが1行以上のメッセージを切り詰める問題を修正しました。
  • バグ番号: UDevC0016816 カスタムプロジェクトのロード確認で、日本語や中国語などのマルチバイト言語で予期しない文字が表示されてしまうことがありました。
  • フォルダ内の複数のトラックを削除すると、プロジェクトからフォルダが削除される問題を修正しました。
  • 録音後にプロジェクトのループがオフになる問題を修正しました。
  • ピアノロールビューのドラムマップでテキストを編集すると、キーボードショートカットがトリガーされる問題を修正しました。
  • 同じ名前のハードウェアMIDIデバイスを開くことができない。

YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。