今すぐ使えるLogic Pro X 活用Tips 第1回 「録音結果を取り込む」で、リアルタイム入力の効率を劇的に向上させる

講師の鈴木(@dawlessonです。

今回からApple / Logic Pro XのTipsコーナーをスタートしようと思います。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんな小ネタを、定期的に紹介していこうと思います。

とりあえずは、ネタが尽きるまで続けていく… つもりです。

録音結果として取り込む

初回のネタはどうしようかな… と悩んだのですが、個人的に一番助かっている「録音結果として取り込む」という機能を紹介しようと思います。

これは、MIDIのリアルタイム入力を行う際に便利な機能。通常であれば、トラックを録音状態にした上で、録音。演奏ミスやフレーズがイケてない場合は、リージョン消して、やり直して…を繰り返しますが、再生中(録音していない)状態で、後からMIDIデータとして取り込むのが、この機能。

 

言葉で説明するのが難しいですね(苦笑)。動画を見て頂ければ一発だと思いますが、すごく便利な機能です。

使い方

初期状態では、この機能は隠れていたと思うので、ちょっとカスタマイズする必要があります。

①画面上部のコントロール・バーを右クリックして「コントロールバーとディスプレイをカスタマイズ…」をクリック

②トランスポートの項目にある「録音結果を取り込む」にチェック

これで、トランスポートにボタンが表示されるようになります。

プロジェクトを再生中にMIDIキーボードを演奏。その後に、このボタンを押せば、MIDIデータとして取り込むことができます。

この機能は、当然キーコマンドにも割り当てることができます。

注意点

一度プロジェクトを停止した後、もう1度再生してしまうと蓄えられたMIDIデータがリセットされてしまいます。当然、データ化ができなくなってしまうので注意してください。


無料体験レッスン受付中!

Logic Pro Xに関するお悩みは、DAW LESSONにお任せください。基本的な使い方はもちろん、応用テクニックやトラブル・シューティングまで、“実際に使っているからこそ分かる” 内容の濃いのレッスンをご提供します。

無料体験レッスンも絶賛受付中! お気軽にお申し込みください。

ご予約から受講までの流れ

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。