Arturia / Tape Mello-Fiをレビュー!

講師の鈴木(@dawlessonです。

Arturiaから新作テープシミュレーター・プラグイン「Mello-Fi」がリリースされ、12月31日まではなんと無料でGETできるというプロモーションがスタート!

Mello-Fiは、流行りのLo-Fiサウンドを簡単に再現できるプラグインということで、早速チェックしてみました。

ダウンロードはこちら→https://www.arturia.com/products/software-effects/tape-mello-fi/overview

あらゆる楽器をMellotronサウンドに!

Mello-Fiは、ArturiaのMellotron Vをベースに作られたプラグインのようです。Melotronは、楽器の音を録音したテープの再生を鍵盤演奏でトリガーする…というかなりの力技で音を鳴らす楽器ですが、独特のローファイ感、レトロ感溢れるサウンドが魅力の楽器です。

 

Mello-Fiをインサートすることで、そのサウンドにMellotronの質感を付加する…という非常にわかりやすく、かつ実用的なプラグインです。

使い方も簡単です

使い方自体も非常にシンプル。大きく分けて「PREAMP」、「TAPE」、「OUTPUT」の3セクションに分かれています。

PREAMPセクションでは、テープ・サチュレーションの量やトーン、テープが生じるヒスノイズの音量をコントロールして、基本となるサウンドを作っていきます。

TAPEセクションは、テープやマシンで生じる要素をコントロール。テープ・シミュレーターではお馴染みのワウ&フラッターに加え、テープの摩耗具合を調整するWEAR、電気モーターの駆動音を加えられるMECHANICSを搭載。また、テープ・ストップ効果も再現できます。

 

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。