Logic Pro X 活用 Tips 第40回 リージョンを素早くオーディオ化してサウンドメイクに活かす

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回はリージョンを素早くオーディオ化して、サウンドメイクに活かす方法を紹介します。毎度のことではありますが、タイトルだけでは何を言っているのか、何ができるのかが分かりにくいですよね(汗)。

簡単にいえば、プロジェクト内に打ち込んだMIDIクリップを、クリック2回でプロジェクト上に「オーディオ・クリップ」として置き換える、なんてTipsです。

何ができるの?

MIDIのオーディオ化には、色々な方法があると思います。

中でももっともシンプルなのは、特定のトラックだけソロ状態にして、バウンスしてしまう方法でしょうか。

ですが、範囲指定をする必要があったりエクスポートしたオーディオ・インターフェイスを再度プロジェクトにインポートしたりと、ちょっと面倒な手順を踏む必要があります。また、このようにして取り込んだファイルは管理も面倒になるので、後でその素材だけ行方不明になったり… というケースはありませんか?

そんなときに「バウンスして結合」という機能を使えばクリック2回で、MIDIクリップがオーディオ・クリップに変換されます。出来上がったクリップは完全なオーディオ・クリップですのでチョップしたり逆再生したり…波形編集も自由自在。詳しい使い方は、動画でご確認ください。

動画でも紹介していますが、効果音やテクスチャ系のSFXを作るにも有効な手法だと思いますので、ぜひ活用してみてくださいね!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたしす!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。