今すぐ使えるLogic Pro X 活用 Tips 第29回 カラーやアイコンを設定して、プロジェクトを見やすくする

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回は、リージョンやトラックに色を付けたり、アイコン/カスタム・アイコンを使ってプロジェクトを視覚的に分かりやすくする…なんてTipsを紹介します。

何ができるの?

トラック数が多くなってくると、いくらトラック名を付けていたとしても、どのトラックが何なのか…パッと見て判断するのが難しくなってきます。

そこで、楽器や楽器のカテゴリーごとに色分けしたり、トラック自体にアイコンを付けるといったことが行われます。毎回違うカラーを設定しても良いですが、ボーカルは青。ギターは緑…といった具合に、ある程度自分の中でルールを作っておくと分かりやすいと思います。

Logicの場合は、カラーはトラックとリージョンを個別に設定できます。アイコンは、最初から入っているものだけでなく、オリジナルの写真データをアイコンとして設定することも可能。動画では、オリジナル・アイコンを作るときのヒントにも触れています。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。