今すぐ使えるLogic Pro X 活用 Tips 第25回 ロケーターの範囲を一瞬で設定する方法

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回は、ロケーターの範囲設定に関するTipsです。

https://youtu.be/6c6GH-0HXns

何ができるの?

ロケーターというと少しイメージしにくいかも知れませんが、要するにループ範囲を素早く設定する方法です。

通常であれば、タイムルーラー上部のエリアをマウスでドラッグすることでロケーター(ループ範囲)が設定できますが、頻繁にループ範囲を変えたい場合にマウス操作は面倒だとは思いませんか?

余談ですが、「どうすれば曲作りが早くできるようになりますか?」という質問を頂くことがありますが、そんなときには「極力マウス操作を少なくする」ことと「プレイバックを少なくする」と答えています。半分冗談ですが、もう半分は本気です(笑)。

話が逸れてしまいましたが、今回紹介しているのは、選択したリージョンの長さを自動的にロケート範囲に設定する方法です。たった1ヶ所にチェックを入れるだけなのですが、操作速度は劇的に向上すると思いますので、ぜひ試してみてください!

詳しい使い方は動画をご覧下さい。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。