【気まぐれ耳コピー vol.7】NMB48 / らしくない

講師の鈴木(@dawlessonです。

今後も毎月1本ペースでやっていこうと思っています。耳コピー動画。

今回のテーマは、リクエストを頂いたNMB48さんの「らしくない」という楽曲です。前回同様、プロジェクトの解説(?)動画も一緒にアップしております。

NMB48 / らしくない

今回のネタは、NMB48さんの「らしくない」という楽曲です。前回に引き続きアイドルさん。ですが、曲調は全然違い、こちらはJ-POPS/アイドル・ソングのお手本のような王道系ですね。

ということで、今回作ったデータです。

トラック構成

 

とにかくボーカルが多い曲ですから、オケには上手い具合にボーカルが収まるようなポケットが用意されていたり、かといって淋しすぎない…という丁度良い編成です。

この楽曲を知っている方はご存知の通り、Saxパートがかなり重要な位置づけにあります。

今回作成したトラック構成と、使った音源は以下の通りです。

・ギター :生弾きx2

・ベース:生(指弾き)

・ピアノ:Modart / Pianoteq 6

・Sax:Sample Modeling / Mr.Sax A

・ドラム:Yellow Matter Entertaimant / Steaven Slate Drums 4、Native Instruments / BATERRY 4(ライブラリはサードパーティー)

・パーカッション:IIN SESSION AUDIO / SHIMMER SHAKE STRIKE

・SE x2

 

サウンドのポイント

プロジェクトの内容について、動画でだらだら喋ってみました。

ドラムに関してですが、キックとスネアは生系とマシン系のサウンドを足して作っています。原曲はどうなのか定かではありませんが、「こんな感じ?」という雰囲気で作っております。。

Steaven Slate Drums 4に関しては、ほぼキットを組んだだけ。つまり、エフェクトがなくてもこんな感じで鳴ってくれる…という最高に使い勝手の良い音源です。マシン系音源をレイヤーさせたときの食いつきも良いので、重宝しています。

今回最大のテーマであるSaxパートは、モデリングを使ったMr.Sax A。吹きモノは、一歩間違ってしまうとスーパーのBGMになってしまうので、音源で再現するのはかなり難しいのですが、この音源はちゃんとデータを作ってあげれば(あと、使い道も…)、かなりイイ感じで鳴ってくれます。

今回は時間の関係でほとんど弄りませんでしたが、機会があれば、今度じっくりご紹介しようかと…。

 

ベースはラインにEQ、コンプ。ギターはJCM 800系モデリングを使っています。

各トラックで使っているエフェクト類は、こんな感じです。

 

制作時間

約4時間

耳コピー/オケ制作を承ります

DAW LESSONの制作サポート・サービスでは、耳コピーや音コピーの依頼を承っています。

あの曲をコピーしたいけど、似た音が作れない。メンバーが急に抜けちゃって、次のライブは打ち込みを使うしかないけど、メンバーが弾いていたフレーズが分からない…。そんなときにご利用くださいませ!

【サービス詳細】

耳コピー/音色コピー

 

 

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。