Cakewalk 活用 Tips 第7回 アルペジエーターを曲作りに活かす!

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなCakewalkの小ネタを紹介します。

今回はアルペジエーター機能について。アルペジエーターとは、指一本で複雑な音を鳴らす…というかなり昔からある、シンセサイザーお馴染みの機能です。Cakewalkには、INST/MIDIトラックにアルペジエーターが内蔵されており、フレーズを簡単に作り替えることができます。

何が出来るの?

アルペジエーターは先述の通り、フレーズを作り替えることのできる機能です。

Cakewalkには、シンプルで機械的なフレーズから、楽器のフレーズ的に使えるプリセットまで色々入っているので、単純にピコピコ音が作りたいときだけでなく、フレーズのネタが欲しいときに使ってみるのもオススメです。

なお、シーケンサー上に打ち込まれた音が再生される際にアルペジエーターがフレーズが作り替えるという仕組みのため、MIDIデータを編集すれば後から音程等を変えるのも自由に行えます。

ただし、アルペジエーターの課題は、設定したフレーズやプリセットから“ちょっと変える“ことがしにくい事でしょう。そんなときには、「クリップにバウンス」という機能を使うことで、アルペジエーターが掛かった状態のMIDIデータに一瞬で作り替えることができます。

詳しい操作方法は動画でご覧下さい。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。