Cakewalk 活用 Tips 第6回 テイクレーンを使った録音と、コンピング編集テクニック

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなCakewalkの小ネタを紹介します。

今回はテイクレーンを使った録音と、コンピング編集について。どちらも操作としては非常に簡単ですが、レコーディング時の作業効率が劇的に向上!さらにコンピング時にはちょっとした機能(ショートカット)を知っていると、テイクの聴き比べとコンピングがマウス操作だけで超スピーディーに行えます!

何が出来るの?

Cakewalkでは、1つのトラックの中に複数バリエーションの演奏(テイク)を収めることができます。

テイクレーンは、トラック内に存在している全テイクを一覧表示することができる機能で、それぞれのテイクごとのソロ/ミュートを組み合わせるとテイク選定(どのテイクが1番良い感じか)をがスムーズに行えます。

また、各テイクの一部分を張り合わせることでベスト・テイクを作ることができるのが「コンピング編集」です。この作業も欲しい部分のオーディオ波形をなぞるだけ…と非常にシンプルです。

さらにCakwalkには「高速コンピング」という機能が搭載されており、テイク選定と張り合わせが簡単なキーボード・ショートカットだけで行えるようになっています。マウスで波形を選ぶよりも圧倒的に素早く作業を進めることができます。

詳しい操作方法は動画をご覧下さい!


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。