【気まぐれ耳コピー vol.5】Aimer / Brave Shine

講師の鈴木です。

耳コピ動画、連投です。

ここ最近、公私ともにクリーンなギターを弾くことがほとんどだったので、歪んだギターが弾きたい! できればドロップ・チューニングで! と話していたらこの曲を提案されまして。パッとできそうだったので、やってみました。

Aimer / Brave Shine

今回のネタはAimerさんの「Brave Shine」という曲です。Aimerさんは歌声的にも楽曲的にも独特の世界観があっていいですね。この曲も、とても”らしい”感じ。

ということで、データです。

ギターとベースは、ドロップC#。レギュラー・ゲージの弦だったので、ところどころピッチが怪しいですが(汗)。ベースは5弦なのでレギュラー・チューニングでもいけたのですが、4弦開放が使いたかったのでドロップさせています。

いやぁ、ドロップは楽しい!

トラック構成

  • Piano:XLN Audio / Addictive Keys
  • 1st Violin:Vienna / Chamber Strings
  • 2nd Violin2:Vienna / Chamber Strings
  • Viola:Best Service /Chris Hein Solo Viola
  • Cello:Best Service /Chris Hein Solo Viola
  • Acoustic Guitar:Ample Sound / AGT
  • Drums:fxpansion / BFD3
  • Electric Guitar:生
  • Electric Bass:生

SE系はオミットしてしまいました。。

サウンドのポイント

印象的なのは、やはりドラムでしょうか。

音源はBFD3ですが、音色としては、実は前回の「MISIA / オルフェンズの涙」とほぼ同じパッチ。じゃっかんチューニング変えて、EQポイントをずらして使っています。

原曲のようにパキッと抜けるようなサウンドは、プラグインのコンプだと出すのが大変。今回はelysiaのxpressor 500でコンプレッションさせています(プロジェクトでドラムのトラックがミュートされてるのはこれが理由)。

プラグインで頑張る場合は、アタックの速いコンプでガッツリ潰す感じ。

ギターは歪みとクリーン(コーラス)の2音色。Bメロでは8分でテンポ同期させたディレイが掛かっています。

音色自体は、どちらもオーソドックス!

イントロのフィルターが開いていくような効果は再現が難しい(数値もそうですが、どんなフィルターを使うかでまったく印象が変わってしまう)ので、それっぽければいいや。と割り切り。このような処理は色々なやり方があると思いますが、今回はフィルターを掛けたいトラックを一度プリントして、バスにまとめてフィルターをインサート。オートメーションでカーブを描いています。

制作時間

約3時間

リクエストを受け付けています!

blogや動画で取り上げるネタのリクエスト受付を開始しました!

こんなのが見てみたい…というネタやアイディアがあれば、下記のフォームよりご送信ください。必ずお応えするというお約束はできませんが、可能な範囲で対応させて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。