気まぐれ耳コピー Vol.4 – MISIA / オルフェンズの涙

講師の鈴木です。

耳コピ企画もようやく4回目。今後も月1を目標に頑張っていこうと思います。。

MISIA / オルフェンズの涙

ということで、今回のネタはMISIAさんの「オルフェンズの涙」。現在1番新しい楽曲です。デビュー作の「つつみ込むように…」や富田ラボプロデュースの「Everything」を始め、ヤバイ曲づくし。大分前にもコピーしようとして挫折した苦い記憶があるのですが、今回もやばかった。。。

コード進行などは特に難しいことがないのですが、何と言ってもずっと3連。弦のアレンジでは日常的に使っていますが、全編通してというのはあまり経験がなく、勝手が分かりませんでした(涙)。

フレーズ云々よりも雰囲気を出すのが大変… ということで、途中から諦めモードで作ってました。。

イントロのエレピがカッコ良い。。。。これだけでこの曲に決めたという。

相変わらず、ミックス的な音作りはしていません。

トラック構成

  • Electric Piano:Spectrasonics / KEYSCAPE
  • Acoustic Piano:Spectrasonics / KEYSCAPE
  • Organ:Native Instruments / Vinrage Orfans
  • Harp:Vienna Instruments
  • Solo Strings:Chris Hein / Solo Violin
  • Violin1:Native Instruments / Session Strings Pro
  • Violin2:オリジナル・ライブラリ
  • Viola:Native Instruments / Session Strings Pro
  • Cello:Native Instruments / Session Strings Pro
  • DoubleBass:Chris Hein / Solo Contrabass
  • Acoustic Guitar:Ample Sound / AGM
  • Drums:fxpansion / BFD3
  • Electric Guitar 1-2:生
  • Electric Bass:生

サウンドのポイント

とにかく難しかったです。。色々なものを試されている感。そして、それに応えられていない感。。。

音源類に関しては、すべてプリセットをベースにパラメーターを弄っています。といっても、オルガン以外はそんなに大きく変えて無いと思いますが…。

印象的なイントロのエレピ、原曲は間違い無く本物だと思いますが、ソフトでこの質感で出しにくいんですよね…。どうしてもペラっとしてしまう。ということで、SpectrasonicsのKEYSCAPEを使っています。

Spectrasonicsの音源、音の主張が強すぎてPOPSの伴奏に使うには一手間必要だったりしますが、こういうシーンではイイ感じでハマってくれるなぁと。

また、弦類はNIのSession Strings Proを使ってみました。KOMPLETEに含まれているので前から入れていましたが、今回初めて使いました。。正直、容量デカイ割りにはアレだなぁ…と思いましたが、使いやすい音ではあるかな、と。今度、ちゃんとチェックしてみようと思います。

制作時間

約5時間

リクエストを受け付けています!

blogや動画で取り上げるネタのリクエスト受付を開始しました!

こんなのが見てみたい…というネタやアイディアがあれば、下記のフォームよりご送信ください。必ずお応えするというお約束はできませんが、可能な範囲で対応させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。