Logic Pro X 活用 Tips 第8回 リージョン・インスペクタを活用する

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Pro Xの小ネタを紹介します。

今回は、クリップに対して様々なエディットが行えるリージョン・インスペクタを紹介します。

何ができるの?

複数のテイクを組み合わせたり、オーディオ波形を切り刻んだり…。気付いたらプロジェクトがクリップだらけになっていた… なんて経験はありませんか?

オーディオの場合はフェード処理したり、クリップごとにゲインを微調整する。MIDIの場合は一時的にオクターブを上下させて聞いてみたい、とか音源の仕様で発音タイミングが遅れるため、ノート自体を前に出したい…

 

そんなときには、リージョン・インスペクタのパラメーターを活用することで、便利に使うことができます。詳しくは動画でごらんください!

 

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。