Logic Pro 活用 Tips 第65回 マーキーツールの基本と活用例 ~ 波形編集やオートメーションに!

講師の鈴木(@dawlessonです。

“曲作りをする上で必須ではないけれど、知っていると作業が楽になる” そんなLogic Proの小ネタを紹介します。

今回は、リージョンの任意の箇所だけ選択/編集が行える「マーキーツール」を紹介します!  特に録音したオーディオ素材の編集や、セクション単位のコピペをしたい場合に知っていると、作業効率UP間違いなしです!

”カット”の一手間が減らせる!

マーキーツールは、リージョンの一部分だけを範囲選択することのできるツールです。それだけだと、単に選択できて終わりですが、そのまま選択範囲だけに移動やコピーといった編集が行えます。

例えばリージョンの一部分をコピーしたいという場合、分割ツールで必要な部分だけを独立して、その後コピーという流れが必要になりますが、マーキーツールを使うと分割の手間を減らせます。

また、オートメーションに対しても範囲選択できるというのもポイント! 例えばこの1拍だけ音量を上げ下げしたい…なんて場合、オートメーションのノードを綺麗に書くのは少し面倒。そんなときにもマーキーツールを使えば、狙った場所だけ直角にオートメーションを書くことができます。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは20分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。YouTubeやblogで紹介した製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。