【Cubaseユーザーが使うLogic Pro X】第1回 プロジェクトの作成とデバイスの設定

講師の鈴木(@dawlessonです。

昨日よりスタートした「Logicユーザーが使うCubase」に続き、遂になる企画として「Cubaseユーザーが使うLogic Pro X」をスタートいたします。

普段Cubase(しかもWindows)を使っている堀田先生にLogicを使って貰う…という内容です。

Cubaseユーザーの視点でLogicを見ていきます。

自分が使っている以外のDAWソフトが気になっている人も多いと思いますが、かといって一気に乗り換えるのも勇気がいりますよね。何となく特徴的な機能は知っていても、具体的に操作感がどんな感じなのかは触ってみないと分からないもの。しかし、そのソフトを普段使っている人は、当然自分の使っているソフトのことを悪く言わない…。

ということで、本シリーズはあくまで“Cubaseユーザーの視点“でLogicを使い、感じたことを思うままにお話していきます。

中ではLogicの基本的な使い方も紹介してはいきますが、機能の使い方よりも“考え方“という部分に焦点を当てていきますので、初めてLogicを使う方には少し分かりにくい部分もあると思いますが、その点はご了承ください。

※Logicの基本的な使い方は定期更新中のLogic Pro XのTips動画や、レッスンをご活用くださいませ!

プロジェクトの作成とデバイスの設定

今回は初回ということで、Logicを立ち上げてからプロジェクトを新たに作成し、プロジェクトの設定やオーディオ・インターフェイスやMIDIキーボード等の設定を行っていく…という内容となっています。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。