【気まぐれ耳コピー vol.6】BiSH / BiSH-星が瞬く夜に-

講師の鈴木(@dawlessonです。

今回は、久々の耳コピです。なんと前回から9ヶ月も空いてしまいました(汗)。

誰も見てないでしょ〜なんて思っていたのですが、「次、やらないんですか?」と言って頂くことがここ最近多く(感謝!)、サボってられないな… と。

ということで、今後も定期的に更新していきたいと思っております。楽曲も、頂いたリクエストを中心にやっていきますので、本ページの下にあるフォームからお気軽にリクエストくださいませ!

また、試験的にプロジェクトの内容(使ってるプラグインや音作り等)について、雑談動画という形で別にアップロードしていますので、興味があればこちらもご覧下さい。

BiSH / BiSH-星が瞬く夜に-

今回のネタは、BiSHさんの「BiSH-星が瞬く夜に-」という楽曲です。アイドルさんですね。

メロコア/パンクを基軸に、ドラムなど一部はラウド系の要素を散りばめた…という感じでしょうか。非常にシンプルで、だからこそ勢いのある楽曲です。

ということで、今回作ったデータです。

トラック構成

構成も超シンプル! ギターとベースはドロップDです。ギターはレギュラーで調整しているので、じゃっかんピッチが怪しい場所もありますが、演奏のアラを含めてその辺は目をつぶって頂けると。。。

・ギター :生

・ベース:生(ピック弾き)

・ドラム:Fxpansion / BFD 3

サウンドのポイント

プロジェクトの内容について、動画でだらだら喋ってみました。

ドラムに関しては、スネアのレイヤーと76系全押しコンプで「スコーン」という音を作っています。

動画内でも言っていますが、ライブラリーによっては音源内で完結できそうもない場合、エフェクトで頑張るよりも他のサンプルをレイヤーしてしまった方が、イメージに近い音を作りやすいと思います。

この辺りは適時で。

ベースはIK Multimedia のAmpliTube 4で、Ampeg SVX 2に入っているSVT-VRを使っています。ゴリゴリ系のロック・サウンドが簡単に作れるので便利!

また、プリ・エフェクトとしてピッキングのアラを隠すために(笑)、WavesのBass Riderを使っています。

ギターは、原曲の感じがうまく出せなかったので、(恐らくキャビネット/マイクの設定ですかねぇ)途中で似せることを諦め、EQでソレっぽくなるように弄ってみました。

左右にガッツリ振って、さらにイメージャーで位相を飛ばしたようにすると、原曲の感じが出るのかなぁ、と思います。

制作時間

約2.5時間

耳コピー/オケ制作を承ります

DAW LESSONの制作サポート・サービスでは、耳コピーや音コピーの依頼を承っています。

あの曲をコピーしたいけど、似た音が作れない。メンバーが急に抜けちゃって、次のライブは打ち込みを使うしかないけど、メンバーが弾いていたフレーズが分からない…。そんなときにご利用くださいませ!

【サービス詳細】

耳コピー/音色コピー

 

 

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です