【気まぐれ耳コピーvol.17】ヨルシカ / 春泥棒

講師の鈴木(@dawlessonです。

耳コピ動画の17弾をお送りします。

今回のテーマは、ヨルシカさんの「春泥棒」という楽曲に挑戦しました。作業自体は大分前に行っていたのですが、公開が遅れて春は過ぎ去ってしまいました…。。。

※このシリーズのコンセプトは、曲作りやアレンジの引き出しを増やすということで、完コピを目指していません。MIDIデータの調整やミックス処理は行っていませんので、それを踏まえた上でご覧下さい。

ヨルシカ / 春泥棒

今回のテーマ曲、色々な意味で「今っぽい」楽曲に仕上がっており、非常に勉強になりました。

アレンジとしてイントロ〜Bまで最低限のパート数で、サビで一気に楽器が入ってくる…という構成ですが、音量差があることでサビの高揚感を感じると同時に、ラウドネス的にも曲を効果的に映えさせているのかなぁ、と。。楽器編成的にも無駄がない!

今回の制作例です。

トラック構成と使用音源など

・E.Guitar(2本):生弾き(Axe-Fx2)

・A.Gt(3本):Ample Sound / Ample Guitar T

・Bass:生弾き

・Drums:TOONTRACK / Superior Drummer 3 w/SDX Rooms of Hansa

・Piano:Modartt / Pianoteq 6 Pro

・Synth:Spectrasonics / Omnisphere 2

アコギの音源は、最近色々ありますが、やはりサウンドと使い勝手の良さでAmple Guitarシリーズが好きです。今回のデータの打ち込みは粗いですが(汗)、ギターメインの曲でなければ、そこまで”打ち込み感”に悩むこともないと思います。

動画の中では、brainworksのSSL 9000Jのチャンネル・ストリップでEQとコンプをしています。アルペのパートにはさらにBlackroosterのVLA-3Aもかかっています。

Ample Guitarシリーズは、先日動画レッスンもスタートいたしましたので、ぜひチェックしてみてくださいませ。

 

ピアノは原曲の雰囲気に合わせてPianoteqを使ってみました。Steinwayのモデルで、音色的にも非常に扱いやすく、なおかつみんなが好きな音かなぁと。

 

ドラムは、最近コレばっかりになっているのですが、Superior Drummer 3にHansaの拡張メインです。Brainworxの bx_townhouse Buss Compressorで軽くコンプレッションさせています。

 

自作も近いうちにアップできる予定です…というより概ね出来ているので、また近いうちに最終調整の模様をYoutubeライブで公開しようと思っております。


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。