【気まぐれ耳コピー vol.12】GARNiDELiA / BLAZING

講師の鈴木(@dawlessonです。

今週は耳コピのネタをお送りします。今回は前回よりあまり時間を空けずにできました…。12曲目はGARNiDELiAさんの「BLAZING」という楽曲に挑戦してみました。

このシリーズ、これまで個人的に好きだったりリクエスト頂いた曲をやってきましたので、初めて最近のヒット曲を取り上げるのは初めてのような気がします。。また、今回はプロジェクトの解説動画…という名の雑談動画も作ってみましたので、あわせてご覧くださいませ!

※このシリーズのコンセプトは、曲作りやアレンジの引き出しを増やすということで、完コピを目指していません。MIDIデータの調整やミックス処理は行っていませんので、それを踏まえた上でご覧下さい。

GARNiDELiA / BLAZING

今回挑戦してみたGARNiDELiAさんの「BLAZING」という楽曲は、バンド系のオケにシンセ要素を融合させた楽曲です。

楽曲の構成としては比較的シンプルなこともあり、各々の音色が楽曲にもたらしている影響が多く、いかに”それっぽい”雰囲気を作るのか…という部分で苦労しました(笑)。

今回の制作例です。

トラック構成

トラック構成と使用した音源は以下の通りです。

・ギター(4本+EFX):生弾き

・Bass:UVI / SYNTH ANTHOLOGY 2

・Piano:Modart / Pianoteq 6

・Violin:Best Service / Chris Hein Solo Violin + Chris Hein Ensemble Strings

・Synth 1 & 2:Spectrasonics / Omnisphere 2

・Organ:Native Instruments / Vintage Organ

・Drums:Fxpansion / BFD3

・Efx Drums:Native Instruments / KONTAKT 5

音作りのポイント

各パートの音源やエフェクト、音作りのポイントなどの詳細は、動画で紹介しています。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。