【今週のプラグイン】Initial Audio / Reverse

講師の鈴木(@dawlessonです。

毎週1本ずつ、講師がオススメするプラグインを紹介していく本シリーズ。第47週は鈴木のオススメする逆再生エフェクト「Initial Audio / Reverse 」を紹介します。

リバース再生を気軽に試せるプラグイン

アレンジのアプローチ手段の1つとしてリバース(逆再生)を使うというケースは多いと思います。

オーディオであれば、波形編集的に簡単にリバース可能ですがソフトウェア音源で打ち込んでいるデータの場合、一度オーディオに変換してからリバース処理を施す…という2度手間が必要。最近のDAWソフトであれば、MIDI→オーディオ化できる機能がありますから、オーディオ書き出し/インポートまでは必要ないまでも、面倒な作業であることに代わりはありません。

Reverseを使うと、ソフトウェア音源であっても簡単に逆再生を行えます。しかも、逆再生の速度やDRY/WET、FADEの指定もできるため、細かくニュアンスを追い込んでいくことができます。そしてなにより、これを「非破壊」で行えるのが魅力! 試してみて「やっぱり違うな…」と思ったときに、プラグインを外すだけで元通りというのは、大きなアドバンテージではないでしょうか。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。