【気まぐれ耳コピー vol.14】UNISON SQUARE GARDEN / Phantom Joke

講師の鈴木(@dawlessonです。

今週は久々の耳コピネタをお送りします。前回が5月でしたので…なんと半年近くサボってしまったことに…。ちょくちょくリクエストは頂いていたのですが、、、。反省もこめ、今月は2曲公開する予定です。

今回のお題は「UNISON SQUARE GARDEN / Phantom Joke」という楽曲です。

※このシリーズのコンセプトは、曲作りやアレンジの引き出しを増やすということで、完コピを目指していません。MIDIデータの調整やミックス処理は行っていませんので、それを踏まえた上でご覧下さい。

UNISON SQUARE GARDEN / Phantom Joke

構成はスタンダードな3ピースのバンド・サウンドですが、まぁ細かい音が多い…。

ほぼすべてのパートが休み無く入っていて、なおかつテンポも速い(笑)。リクエストを頂き、曲も聞かずに安請け合いしたことをちょっと後悔しました(苦笑)。

今回の制作例です。

トラック構成

トラック構成と使用した音源は以下の通りです。

・Guitar(3本):生弾き

・Bass:生弾き

・Drums:fxpansion / BFD3

・Snare:Steaven Slate / SSD5

使用した音源やプラグイン

ギターはFractal Audio System / Axe fx 2でBassmanにドライブを足して基本の音を作り、DAW上でEQ処理をしてみました。EQにはPlugin AllianceのLindell 80 Seriesを使用しています。これは最近発売されたばかりのチャンネルストリップですが、めちゃくちゃ使いやすくて音も抜群に良いのでオススメです!

ドラムはfxpansionのBFDの拡張ライブラリを組み合わせたキットをベースに作りましたが、BFD単体だとスネアが弱かったのでSSD5でスネアをレイヤーしています。

ベースはDIにIK MultimediaのAmpeg SVX2に入っているV4Bというモデルを使ってみました。

フレーズを追うのに時間が掛かってしまい、録り直したい部分は多々多々あるのですが…。時間を掛けてしまうのはこのシリーズのコンセプトから離れてしまいますので、ご容赦くださいませ。バンド楽曲は難しいですね…。

今回の所要時間は、およそ5時間程度でした。

 


YouTubeに動画を毎週更新しています。ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

無料の体験レッスンをお試しください!

まずは30分の無料体験レッスンをお試しください!

レッスンの雰囲気を体験してみたい。自分の曲にアドバイスが欲しい。blogで紹介したアノ製品をもっと詳しく教えて欲しい…など、どんな内容でもOK。お気軽にお試しください。