WAVES / RS56 Passive Equalizer

50年代アビーロード・スタジオにおけるマスタリングを一手に担った、
芸術的とも呼ばれるパッシブEQを忠実に再現

製品の概要

強力なサウンド・シェイピング能力を持つパッシブ・イコライザー、RS56 Universal Controlは1950年代の初頭に登場し、レコード盤の製作のための前工程、今日「マスタリング」と呼ぶ処理の一部にAbbey Road Studioで使用されていました。

RS56の劇的なコントロール能力は当時のミキシング・コンソールに備わっていたトレブル、ベースEQとは大きく異なり、それゆえに“The Curve Bender“のニックネームで愛用され、Abbey Roadのポップ・エンジニアは、RS56をスタジオ・レコーディングでも使うようになりました。

  • 伝説のRS56 ユニバーサル・トーン・コントロール・パッシブEQをベースに開発
  • 各バンドのセンター・フリーケンシーを4タイプから選択可能な3バンドEQ
  • 6タイプのフィルター設定
  • L、Rのコントロールをリンク可能
  • Abbey Road Studiosとの共同開発

メーカーの詳細ページ

http://www.minet.jp/brand/waves/rs56/

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。