Waves / Abbey Road Chambers

アビーロードの第2スタジオに設置された、エコー・チェンバーをプラグイン化

製品の概要

美しいナチュラルチェンバーリバーブから近年人気が急上昇しているディレイカスケードなど、アビーロードの第二スタジオに設置されたエコーチェンバーの豊かなサウンドは今や伝説となっています。アビーロードの長年失われたS.T.E.E.D. セットアップと共にプラグインとして蘇りました。

Abbey Road Chambersプラグインは、アビーロードスタジオの伝説的なシグネチャサウンドの一部を形成するエコーチェンバー(残響室)を再現します。Beatles以降の多数の名盤においてエキサイティングなリバーブ、ディレイ、その他の独自の空間エフェクトを作り出すために、エコーチェンバー(残響室)が使用されてきました。

アビーロードスタジオとの共同開発によって誕生したWaves Abbey Road Chambersは、第二スタジオに設置されたエコーチェンバーのコントロールに、オリジナルのバルブNeumann KM53マイクロフォンとAltec 605スピーカーを装備しています。 これらは60年代、ほぼ全てのポップスのレコーディングで使用されました。
それに加えて、Abbey Road Chambersでは、EMIのRS106ハイ/ローパスフィルターとEMI RS127 Presence EQの使用も可能。チェンバーサウンドをさらに完璧に加工することができます。

また、アビーロードスタジオのオリジナルのS.T.E.E.D(Send. Tape. Echo. Echo. Delay.)セットアップを完全に再現。S.T.E.E.D.セットアップは、スタジオのREDDコンソールからの信号を分割して専用のテープディレイを介することで、自然な音色のパレットを新しい領域にまで広げるように設計されたシステムです。オーディオ信号は、RS106、RS127フィルターを通って、チェンバーへと戻されます。

さらに特典として、このプラグインには、アビーロードの有名なミラールーム、ロンドンのオリンピックスタジオのストーンルームという2つの伝説的なスペースも含み、合計3つのエコーチェンバー(残響室)の中から自由にリバーブ・タイプの選択が可能になっています。

Abbey Road Chambersはモジュラー形式で設計されています。チェンバーだけにトラックを送ったり、S.T.E.E.D.エフェクトのみを分離させることもできます。オリジナルのアビーロード・セットアップで可能だったあらゆる音の可能性を組み合わせることができます。

ナチュラル・チェンバーのリバーブから、本物のテープ・ディレイ、複雑なハイブリッド・エフェクトまでを再現可能なAbbey Road Chambers。本物のヴィンテージ・アコースティック・サウンドへの扉がついに開かれました。

  • アビーロードスタジオの伝説的な第二スタジオに設置されたエコーチェンバーを実物のままにキャプチャ
  • アビーロードスタジオとの共同開発
  • 自然なチェンバー・リバーブから本格的なテープ・ディレイ、複雑なハイブリッド・エフェクトにまで対応
  • アビーロードスタジオ独自のS.T.E.E.D.セットアップの完全なモデリング
  • EMI RS106とEMI RS127 EQを使用して、チェンバーサウンドの完璧な加工が可能
  • 他の部屋の選択:アビーロードスタジオのミラールーム、オリンピックスタジオのストーンルーム
  • アビーロードスタジオのオリジナルAltec 605を含む、クラシックまたはモダンなスピーカーの選択肢
  • アビーロードのオリジナルノイマンKM53を含む、ヴィンテージまたはモダンなマイクの選択肢
  • マイクとスピーカーの位置は変更可能
  • Dave Pensado、Jacquire King、Guy Masseyなどのアーティストによるプリセット

メーカーの詳細ページ

http://www.minet.jp/brand/waves/abbey-road-chambers/

ミューシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です