VIENNA / VIENNA SPECIAL KEYBOARDS

ハープシコード、ハーモニウムなど、レアな鍵盤楽器をVI化

製品の概要

ハープシコード(別名チェンバロ)は、非常に明るい音色で、倍音がよく響くピアノに似た鍵盤楽器の一種です。ハープシコードがピアノと大きく異なるのは、キータッチによって音色の特徴を変えることはできるものの、音の強弱をつけることができない点です。バロック期の代表的な楽器ではありますが、古典派やロマン派音楽ではほとんど使用されていませんでした。しかしながら、現代においては人気が復活し、映画やTV音楽に効果的に取り入れられるようになりました。本ライブラリでは、ダブルマニュアル・ハープシコードを使用して、8レジスター・ソロ、8ダブル、Tutti(=8レジスター2つと4レジスター1つのコンビネーション)の各シングルノートとリピティション・パフォーマンスを収録しています。

ハーモニウムはオルガンの仲間で、”自由振動リード”を用いた鍵盤楽器です。吹き込んだ空気が長さの異なるリードを通り抜ける際に振動して音が鳴ります。オルガンのパイプと異なり、ハーモニウムのリードはより不調和な倍音を生成するので、独特の起伏のある音色となっています。

プリペアド・ピアノとは、1949年にJohn Cageが編み出した奏法テクニックです。ピアノの弦の間にゴム、釘、ワイヤー、紙、などを挟んで弾くことで、雑音の多い音やパーカッションのような音が得られます。本ライブラリでは、Bosendorferグランドピアノの弦を素手や木製マレットで弾いたりなど、多彩な音色を収録しています。

メーカーの詳細ページ

https://sonicwire.com/product/36090

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。