VIENNA / VIENNA IMPERIAL

1鍵あたり1,200サンプル!皇帝の名を冠した史上最大のピアノ音源

製品の概要

Bosendorfer社のピアノを称え、その高級モデルに付けられた愛称 “Imperial(=皇帝)” 。本 『VIENNA IMPERIAL』 は、その愛称をそのまま受け継ぐにふさわしい最上級のグランドピアノ音源です。

VSL社が誇る特設レコーディングスタジオ「サイレントステージ」にBosendorfer Imperial 290-755を迎え、CEUS(自動演奏機能)テクノロジーを駆使して、2ヶ月間に渡り正確かつ綿密にピアノをサンプリングしました。CEUS テクノロジーを駆使することにより、人間では収録不可能な等間隔(最大100段階)のベロシティと1鍵あたり1,200サンプルを収録した 『VIENNA IMPERIAL』 は、Bosendorfer Imperial 290-755の音色、ダイナミクスを寸分たがわず再現します。

ベロシティ

本『VIENNA IMPERIAL』は、CEUS テクノロジーのソレノイドに打鍵/発音させることによって、人間の手では到底収録不可能な等間隔(最大100段階)のベロシティレイヤーを収録しています。これにより、全ての鍵/ベロシティレイヤーにおいて直線的なベロシティカーブと一貫性のある音色を実現しています。

リリース・サンプル

本『VIENNA IMPERIAL』には、音符の長さにあわせた複数のリリース・サンプルが収録されています。音量と音色に最も影響を与えるとされる100~1,000msの長さの音符には、ほど良くグラデーションされたベロシティ・カーブのリリース・サンプルが用意されています。

共鳴音(レゾナンス)

『VIENNA IMPERIAL』には、以下の共鳴音(レゾナンス)を収録しています。

  • ペダルアップの共鳴音
    他のキーが弾かれた時にリアクションする個々それぞれの弦の倍音レゾナンスを再現します。このレゾナンスの量は、共鳴レゾナンス・パラメーター(Sympathetic Resonance Parameter)によって、調節することが可能です。
  • ペダルダウンの共鳴音
    キーに反応している共鳴弦すべてを含めてピアノ全体のサウンドを収録しています。

マイキング

『VIENNA IMPERIAL』には、3つのマイクポジションが用意されています。

  • Distant(オーディエンスポジション)
  • Player(プレイヤーポジション)
  • Close(マイクをボディに近づけた状態で収録)

メーカーの詳細ページ

https://sonicwire.com/product/36070

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。