UVI / UVX-10P

1985年に発売された、スーパー国産シンセをトリビュート

製品の概要

1985年に発表された国内三大メーカーの一つからか誕生した12ボイス / 24オシレーターを装備した贅沢仕様のアナログシンセサイザーは、この血筋で最後のトゥルーアナログシンセとなりました。同シリーズの兄弟モデルと同様、このシンセサイザーは当時流行していた無駄の無いシンプルデザインを採用していました。オプションのコントローラーを装着することで、それまでの人気を博していたシリーズのように素早いサウンドプログラミングを実現しました。このシンセサイザーはその膨大かつ豪勢なアナログサウンドから当時台頭し始めてきたデジタルシンセに似たテクスチャーまで、音色の豊富さと多様さで知られています。そして 2DCO(ボイスごと独立コントロール可能)、2EG、2VCF、オンボードコーラス、シーケンサーなどのプログラミング要素を持つことでそのサウンドの多様さを支えています。

UVX-10Pは、このシンセシリーズのすべてを強化し、弱点の無い設計となっています。その根源であるサンプルは、ほぼ新品に近い実機(フラッグシップモデルと兄弟モデルの3機種)を用意し、サウンドプログラミングと世界最高級の機材での高解像度サンプリングを最高レベルになるまで繰り返し収録をおこないました。すでにリリースしている兄弟モデルのUVX-3Pと同様、すべてのサンプルを2度(内蔵コーラスバージョンとドライバージョン)収録しました。このことで、実機の持つ質感の再現と自由なサウンドデザインの両立を実現します。加えて、音質面でも定評の UVI エンジンによって、豪勢で派手な特徴的なサウンドを肌で感じることができます。その忠実度は、目を閉じればスタジオで実機を演奏しているかと錯覚するほどのものです。

メーカーの詳細ページ

http://www.uvi.net/jp/vintage-synth/uvx-10p.html

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。