Softube / Weiss Deess

マスタリング業界の金字塔、Weiss DS1-MK3のディエッサーをプラグイン化

製品の概要

リード・ボーカルの歯擦音や強すぎるハイハットを和らげる場合にも、マスタリング時にハーシュネスを抑える場合にも、真に優れたディエッサーはそもそも目立たないものです。

一般的なディエッサーは、最新式のデジタル・ユニットであろうとプラグイン・ユニットであろうと、多用性、使い易さ、適切なビジュアルという点では不十分と言えます。また、期待通りの効果をもたらすのは希少です。

マスタリング業界の金字塔であるWeiss DS1-MK3は、世界中の一流マスタリング・スタジオで愛用されているハードウェア・ディエッシング・ユニット。SoftubeはWeiss Engineering社とのアライアンスにより、その極めて貴重な音質と、完全に新しくディエッサーにフォーカスしたWeiss Deessプラグインを完成させました。ツールを探すのはもうやめて成功への第一歩を踏み出しましょう。これこそが真のディエッサーなのです。

最大の特長は、完全に独立した2つの周波数帯を備えているという点です。一般的なディエッサーには周波数帯が1つしか用意されていませんが、1つの周波数に集約される歯擦音というものは実は多くはありません。複雑な素材やマスタリング・ワークならばなおさらです。

2つ目の特長は、フィルターの形状が豊富に用意されており、帯域幅コントロールが優れているという点。これにより、処理が必要なポイントだけを正確に捉えることができます。

3つ目は、比類のないビジュアル。大きくてカラフル、直感的なディスプレイにFFT値とフィルター形状が表示され、ソースに適用している効果がハッキリとわかります。

4つ目は、整然としたフェイスプレートGUI。豊富な視覚情報の提供を軸としながらも、サイドメニューであらゆる要素を操作できます。 レシオ、アタック・タイム、リリース・タイム、ニー設定、メイクアップゲインなど、すべての要素に及びます。

5つ目は、低遅延モードによって、トラッキング中にディエッシングができるという点。ミックス時にありがちな、クリエイティブではない編集作業のように感じる退屈な時間を大幅に短縮できます。録音と同時に修正できるのならば、それに越したことはありません。

最後は最も重要な点です。金字塔であるDS1-MK3ユニットからコードをそのまま移植したWeissアルゴリズムによって、世界最高のディエッシングが実現するということ。効果的かつ透明なディエッシングで、面倒なことや不自然な結果は生じません。これを使えば、使わない場合よりも作品の音が良くなる。実に単純なことなのです。

概要

  • ディエッサーの最高峰のクオリティ。業界標準のDS1-MK3からコードを完全移植したアルゴリズムを搭載。
  • 2つの帯域でのディエッシング。必要とされる唯一のディエッサー。
  • 直感的で見事なビジュアルによる使い易さ。
  • 調整がすぐに反映されるわかりやすいフェイスプレート。サイドメニューには非常に詳細なコントロールも用意。
  • プロフェッショナル向けツールでありながらも、直感的な操作性とルックス。
  • 低遅延モードでは、ボーカルのトラッキング中にディエッシングが可能。
  • フィルター形状、周波数などに関して必要な機能をすべて搭載。

メーカーの詳細ページ

https://www.mi7.co.jp/products/softube/weissdeess/

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です