Overloud / Sculptube

真空管サウンドを付加する、チュープ・プロセッサー・プラグイン

製品の概要

Overloud Sculptubeは、ほんのりと薄くカラーリングを施すウォームなトーンシェイピングから重厚かつヘヴィーなディストーションまで、真空管が生み出すハーモニクスでサウンドを色付けるチューブ・プロセッサー・プラグインです。

THEREE TONES IN ONE PROCESSOR
Sculptubeには様々なシーンでの活用法が用意されていますが、以下に代表的な3つの用途を例示します。


WARM-UP:「DRIVE」のパラメーターをほどよく設定することで、単体トラックもしくはミックス全体にリアルなアナログカラーを付け加えます。


DISTORT:インプット信号をオーバードライブさせて三極管/五極菅のキャラクターを反映したチューブ・ディストーションが得られます。


EXCITE:パラレル・プロセッサーとビルトインEQを駆使して高音域にナチュラルなハーモニクス成分を付加するエキサイターとしての用途にも対応します。


THE MGIC OF TUBE BIASING
BIASノブで真空管のバイアス電流を調整し、チューブ・プロセッサーとして様々なキャラクターを再現します。
・電流が低い時には真空管はアンダーバイアス状態となり、サウンドキャラクターはあっさりとして歪みが乗りやすい傾向になります。
・程よい電流が流れているとSculptubeで発生する歪みの量は最も少なくなり、サウンドにウォームなトーンを付加したい時に最適なセッティングです。
・電流が高い時には真空管はオーバーバイアス状態となり、極めて芯の太いサウンドで倍音が乗ったリッチなキャラクターとなります。


3 TUBE CONFIGURATIONS AT YOUR FINGERTIPS
Sculptubeには以下の3種類のディストーション・セッティングを用意しています。
・Program 0 (Triode):2次の倍音にリッチなディストーションを加える三極管の動作をエミュレートします。非常に音楽的なキャラクターでウォームな質感を加える場合に効果的な設定です。
・Program 1 (Pentode):奇数次の倍音の歪みが目立つ五極菅の動作をエミュレートします。チューブトーンを維持しながらよりアグレッシブなキャラクターが得られる設定です。
・Program 2 (Special):極めて稀な真空管構成をエミュレーションした設定です。バイアス値を高めると高次倍音が目立つ特徴的なセッティングです。

・OVERLOUD第四世代のDSPテクノロジーによるチューブ回路動作の超リアルなエミュレーション
・三極管および五極菅シミュレーション
・バイアス・コントロールによる豊富なキャラクター調整
・サウンドを立体的に描き出すDRY/WETパラレル・プロセッサー&ビルトインEQ搭載
・マルチアンドゥ/リドゥ
・異なるセッティングを瞬時に比較するA/B機能
・プラグイン・ウィンドウに貼り付けるメモ機能搭載
・VUメーターキャリブレーション

メーカーの詳細ページ

https://www.miyaji.co.jp/MID/product.php?item=Sculptube

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。