Eventide / Tverb

デヴィット・ボウイのヒーローズのサウンド・メイクを完全復元するルーム・シミュレーター

製品の概要

「Tverb」 (ティーバーブ) は、トニー・ヴィスコンティのプロデュースによってデヴィッド・ボウイの「ヒーローズ(英雄夢語り)」のサウンド・メイキングを完全に復元をしたルーム・シミュレート・リバーブ・プラグインです。

『Tverb』は伝説的なプロ デューサーであり、エンジニア/ミュージシャンのトニー・ヴィスコンティとのコラボレーションによっ て開発されました。このプラグインは、1977年にベルリンで録音されたデヴィッド・ボウイのベルリン 三部作の第2作品「ヒーローズ(英雄夢語り)」のタイトル曲の象徴的なサウンドがもとになっています。

ニューヨークのヒューマンスタジオで行われたトニー・ヴィスコンティと、Eventideのエイドリア ン・ハンブレット、ジョー・ワルツ、トニー・アニエロのミーティングがきっかけで、このプラグインの 開発が始まりました。当時、デヴィッド・ボウイの「ザ・ネクスト・デイ」の制作に着手する直前だっ た彼に、Eventide社の新製品のいくつかを紹介する事がこのミーティングの当初の目的でした。

TT ヴィスコンティは、彼のシグネチャーサウンドの幾つかを作るために、どのようにEventideエフェクトを 使ったのかを、そしてデヴィッド・ボウイと彼が先駆的で重要なアルバム「ヒーローズ」をどのようにし て作り上げたのかを詳しく説明しました。彼が「ボウイ・ヒストリオニクス」と呼ぶデヴィッド・ボウ イの声がどれだけパワフルな楽器であるかを、そして様々なマイキングの技術を使ってその声をどのよう に存分に活用することができたかも解説しました。このミーティングに感銘を受けたEventideの3人は、 彼が作り上げてきた実世界のエフェクトをモデルにして、それを生かすようなプラグインを開発すること を決心しました。

1977年8月ベルリンのハンザスタジオにて、ヴィスコンティはデヴィッド・ボウイの名曲「ヒーローズ」 をプロデュースしました。この曲のボーカルを除くすべてのトラックの録音が終わったときには、そこに はたった1つの空きトラックしか残っていませんでした。極めて重要なリードボーカルの録音のために彼 はあるアイデアを思いつきました。デヴィッドの歌の才能を知る彼は、マイスターホールの豊かなアンビ エントに感銘を受け、ホールの内に3本のマイクをセットアップするという素晴らしい録音技術を考案しました。

1本目のマイクは直接ボーカルを録音するためにデヴィッドの前に、2本目のマイクは約4.5メー トル離れたところに、そして3本目のマイクはホール内のさらに離れた場所にセットアップしました。ヴィスコンティは2本目と3本目のマイクにゲートを使用し、デヴィッドの歌声が大きくなればなるほどそれに合わせてゲートが開くように設定しました。

メーカーの詳細ページ

http://www.tacsystem.com/products/eventide/tverb.php

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。