Roland / STUDIO-CAPTURE

12系統のマイク・プリアンプを搭載。バンド録音に最適な1台。

Rolandについて

1972年に設立された日本の電子楽器メーカー。元々はシンセサイザー・メーカーとしてスタートしましたが、その後電子ピアノ、ギター関連、ドラム、レコーディング機器、映像機器まで幅広い製品を生み出しています。バンドマンにお馴染みのBOSSもローランドのブランドの1つ。

DTMという言葉を作ったのもRolandです。また、世界初のUSB2.0対応オーディオ・インターフェイスを発売したのもRolandでした。

サウンドに関しては、基本的にはローミッドが厚く押し出し感の強いサウンド傾向です。

主な機能/仕様

STUDIO-CAPTUREは定評のあるマイク・プリアンプ「VS-PREAMP」を12系統搭載したオーディオ・インターフェースのフラッグシップ・モデルです。最大24ビット/192kHz※、16イン/10アウトの入出力に対応。バンドの一発録りや、本格的な音楽制作システムの核として高いパフォーマンスを実現します。アコースティック・ドラムのレコーディングを始めとしたマルチ・レコーディング時に威力を発揮するAUTO-SENSや、超低レイテンシーを実現する独自技術のVS-STREAMINGも搭載。

新たに視認性の高いレベル・メーターやモニター・ミックス端子、新設計のコンプレッサー・アルゴリズムを採用し、より柔軟なレコーディング環境を実現しました。2台のSTUDIO-CAPTUREを同時使用することで、32イン/18アウトという巨大なシステムを構築することもできます。

  • 最大16イン/10アウトの同時入出力、12基のVS-PREAMPを搭載。
  • 超低レイテンシーを実現するVS-STREAMING。
  • 入力レベルを瞬時に自動設定可能なAUTO-SENS機能。
  • 視認性の高い入力レベルメーターと直観的なコントローラー機能。
  • 4系統のモニター・ミキサー機能、XLRモニター・アウトを装備。
    ※サンプリング周波数を192kHzにした場合、8イン(INPUT1~8)/4アウト(OUTPUT1~4)の入出力に対応します。

メーカーの詳細ページ

https://www.roland.com/jp/products/studio-capture/

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。