Steinberg / AXR4T

32ビット整数/384kHzに対応。RNDのSILKエミュレーションまで搭載した次世代オーディオ・インターフェイス

製品の概要

Steinberg は、オーディオインターフェースを再定義します。
プロフェッショナルのレコーディングに求められる機能と入出力、拡張性をクリアした上で、32ビット整数 / 384 kHz という新次元の音質に到達。Rupert Neve Designs の SILK エミュレーションを搭載したハイブリッドマイクプリアンプは、透き通った音色から音楽的なサチュレーションまで、自在な音の表現を可能にします。超低ジッターを実現する SSPLL、DSP によるモニタリング& エフェクト - AXR4 は、音楽制作を新しい時代に導くオーディオインターフェースです。

Steinberg Cubase* を使用した場合、さらに AXR4 は真価を発揮。DAW としての 32ビット整数録音 / 再生への対応に加え、入出力から DSP 設定まで、Cubase から直接 AXR のコントロールが可能になります。
* Cubase 9.5.40 / Nuendo 8.3 以降

AXR4 は使用する DAW に関わらず、レイテンシーフリーのモニタリングを提供します。dspMixFx AXR アプリケーションによって内蔵 DSP ミキサーと DSP エフェクトをコントロールし、プロスペックのミキサーと DAW というコンビネーションで充実したレコーディング環境を構築できます。

カスタムメイドの DSPX チップは、28 x 24 マトリックスミキサーをはじめ強力なモニタリングミックスを実現します。dspMixFx AXR の Matrix Mixer ウィンドウでは、入力からミックスバス、DAW またはコンピューターシステムのオーディオからミックスバスへのルーティングを縦横グリッドで自由に設定できます。この他、Mixer、Matrix Mixer、Meter、Show/Hide Channels、Settings の5つのウィンドウにより全入出力レベルやルーティングを常に把握可能。これらの設定はシーンとして保存し、ワークフローに応じて呼び出すことができます。

オーディオインターフェースの入力段に搭載するマイクプリアンプは、I/O 全体のサウンドキャラクターを決定づける土台ともいえます。AXR4 が搭載するハイブリッドマイクプリアンプは、パーツの選択、構造、回路、電源、グラウンドなどすべてにおいて、ヤマハの音に対する哲学「ナチュラルサウンド」を実践すべく、徹底した調査と設計、改良を経て完成しました。最終的な音決めと調整はヤマハのエキスパートと第一線の外部エンジニアによって行われ、まさに「フラッグシップ」にふさわしいマイクプリアンプとして仕上がっています。

プロオーディオ界の最重要人物 Rupert Neve が手がけたマイクプリアンプは、その自然なコンプレッションやサチュレーションをはじめとする魅力的な音色により、世界中のレコーディングエンジニアにとって長年のデファクトスタンダードとなっています。そのエッセンスを凝縮した RND 社の SILK プロセシングは、ミックスで埋もれがちな音に、新しい命と力強さを与えることができます。

AXR4 のハイブリッドマイクプリアンプには SILK の2種類のモードが搭載されています。Red は高域中心に輝くようなエネルギー、Blue は低域中心にソリッドな力強さを加えます。また可変の Texture コントロールにより、倍音構成を音源に合わせて自在に調整できます。

SILK はチャンネル EQ やリバーブのかかり具合にも影響を与え、トータルサウンドにもサウンドに深みと立体感を与えてくれます。

メーカーの詳細ページ

https://new.steinberg.net/ja/axr4/?_sp=f2c8d65a-9fd9-41c5-bb3a-7d8edbaecc9a.1548374234989

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。