RME / HDSPe AIO

14イン16アウト マルチ・フォーマットPCI Expressオーディオ・インターフェイス

RMEについて

ドイツに本拠を持つオーディオ・インターフェイスのブランド。サウンドはもちろん、高い評価を得ているのが開発力の高さ。抜群の安定性とパフォーマンスを誇るドライバーや、DSPで動作するミキサー/ルーティング・アプリのTotal Mixなど、高い技術力に裏打ちされた実力派モデルが特長です。

コストを含めたバランスの良さで、プロアマ問わず定番のブランドになっています。

主な機能/仕様

HDSPe AIOは、多目的用途に設計されたオール・イン・ワン(All In One)PCI Expressオーディオインターフェイスです。このアドバンスI/O(Advanced Input / Output)に搭載される最新の192kHz対応のAD/DAコンバーターはS/N比112dB以上を誇ります。SPDIF(フォノ)、AES/EBU(XLR)を含む全ての入出力は同時にご利用いただくことができます。また、高品位アナログ入出力は拡張ボードによって追加することができます。もちろん最高の柔軟性をもつルーティングミキサー「TotalMix」、RMEが誇るSteadyClockによる外部クロック信号の高性能ジッター抑制機能が搭載されます。これらの機能群を搭載するプロフェッショナル・サウンドカードは他には存在しません。

HDSPe AIOは、HDSP 9632の後継機種にあたるPCI Expressインターフェイスです。PCI Expressのアドバンテージを最大限に活用した設計でマルチトラックのオーディオにおいて最大のパフォーマンスを実現しています。

  • ステレオアナログ入出力:24-bit/192kHz、112 dB SNR以上
  • オプションの拡張ボードによりバランス4系統のアナログ入力、出力を追加可能
  • 全てのアナログ入出力は192kHzに対応
  • ADATデジタル入出力 x 1系統:S/MUX 4により192kHzに対応
  • SPDIFデジタル入出力 x 1系統:192kHzに対応
  • AES/EBUデジタル入出力 x 1系統:192kHzに対応
  • ステレオ・ヘッドフォン出力:独自のDAコンバーターを搭載
  • 合計14入力、16出力が同時に使用可能
  • ネイティブPCI Express:PCI – PCI Expressブリッジは使用されていません
  • 全ての設定をリアルタイム変更可能
  • 8段階のバッファーサイズ/レイテンシー設定:0.7 / 1.5 / 3 / 6 / 12 / 23 / 46 / 93 ms
  • オート&インテリジェントなマスター/スレーブクロック制御
  • TotalMixを使ったレイテンシーの無いサブミックス、および完全なASIOダイレクトモニタリング
  • サンプル単位の正確な配列を保障し、チャンネル間のスワッピングを防止するSyncAlign
  • 入力信号の同期状態を監視し、結果を表示するSyncCheck
  • 高速MIDI入出力 x1系統
  • DIGICheck DSP:ハードウェア内のレベルメーター、ピーク/RMS表示、デジタルオーディオ解析、マルチチャンネルレコーダー
  • TotalMix:内部処理42ビット480チャンネルミキサー
  • SteadyClock:ジッター抑制。抜群の安定度を誇るデジタルクロック
  • Quick Bootテクノロジーによりハードウェア設定を瞬時にロード

メーカーの詳細ページ

https://synthax.jp/hdspe-aio.html

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。