Roland / OCTA-CAPTURE

様々な次世代テクノロジーを採用した10イン10アウトUSBオーディオ・インターフェイス

Rolandについて

1972年に設立された日本の電子楽器メーカー。元々はシンセサイザー・メーカーとしてスタートしましたが、その後電子ピアノ、ギター関連、ドラム、レコーディング機器、映像機器まで幅広い製品を生み出しています。バンドマンにお馴染みのBOSSもローランドのブランドの1つ。

DTMという言葉を作ったのもRolandです。また、世界初のUSB2.0対応オーディオ・インターフェイスを発売したのもRolandでした。

サウンドに関しては、基本的にはローミッドが厚く押し出し感の強いサウンド傾向です。

主な機能/仕様

OCTA-CAPTUREは、ローランドのテクノロジーを凝縮した8系統のマイク・プリアンプ“VS PREAMP”、極小のレイテンシーを実現する“VS STREAMING”テクノロジーを搭載した、最大24bit/192kHzに対応する10 IN/10 OUTのUSB 2.0対応オーディオ・インターフェース。堅牢でコンパクトなボディに、高品質な8系統のマイク・プリアンプを搭載。

インターフェースの機能は、入力レベルの自動設定が可能なAUTO SENS機能と合わせ、マルチ・マイクを使用したアコースティック・ドラム録音や、バンドのレコーディングに活躍。Windows/Macを問わず、モバイル・レコーディングから、最大2台の同時使用、VSシリーズとの組み合わせなど、用途に合わせたレコーディング環境を構築することが可能です。

  • 10 IN/10 OUT、最大24bit/192kHz対応の本格仕様オーディオ・インターフェース。
  • アナログ入力部に高音質設計のマイク・プリアンプ「VS PREAMP」を搭載。
  • 8系統の入力レベルを自動設定するオート・センス機能を装備。
  • VS STREAMINGテクノロジーによる超低レイテンシー&安定動作。
  • 最大2台までの同時使用や、V-STUDIO 700/100の入出力拡張にも対応。
  • グラフィカルな新設計コントロールパネルや、よりレイテンシーを短縮したVersion 1.5に無償アップデート可能。

メーカーの詳細ページ

https://www.roland.com/jp/products/octa-capture/

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ミュージシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。