ECLIPSE / TD510MK2

「正確な再生」をコンセプトに開発された、ハイスタンダード・モデル

製品の概要

2001年、音の新機軸を打ち立てた「512」。そのデビュー以降、10年以上の技術的蓄積を得た、新ハイ・スタンダードモデルが「TD510MK2」です。

シリーズの特性である、「正確な音」の再生の向上はもちろん、このクラスには珍しい、上下方向への角度調整機能を活かし、定位、奥行き、高さなどの録音情報をいっそう正確に再現します。

スピーカー振動板

正確な音」の再生を実現するには、空気の動きを正確に再現する必要があります。そのため、スピーカー振動板の素材には、高速で前後運動できる強度と密度が要求されますが、それと同時に、素材固有の音色を抑えるために、適度な内部損失も必要です。この相反する課題を解決し、伝搬速度が高く内部損失が大きいという、振動板としての理想的特性を実現するため、ECLIPSE Home Audio Systemsには、シリーズ専用に設計した振動板を採用しています。

ディフュージョン・ステー(仮想フローティング構造)

スピーカーユニットがエンクロージャーに直接取り付けられていると、高速で駆動させた際、自体の振動がエンクロージャーに伝わって付帯音が発生します。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、この問題を回避するため、独自の「仮想フローティング構造」を採用。「TD510MK2」はスピーカーユニットを、5本の支柱を持つ「ディフュージョン・ステー」に取り付けることでフローティングし、エンクロージャーと分離しました。

磁気回路

スピーカー振動板を高速で前後運動させ、正確な空気の波を作り出すためには、エンジン部となる磁気回路にも、強力なパフォーマンスが求められます。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、磁気回路もシリーズ専用設計で対応。強力マグネットの採用やボイスコイルの最適化と同時に、マグネットとボイスコイルのギャップを最小化するなどして磁束密度も強化しています。

振動カットと気密確保

フローティング構造の採用により、スピーカーユニットとエンクロージャーを機械的に分離しても、振動を完全に回避することはできません。
ECLIPSE Home Audio Systemsは、スピーカーユニット、エンクロージャー、ディフュージョン・ステーそれぞれの接点に、不要な振動をカットする特殊な素材を採用しています。 これは同時に、エンクロージャー内の気密確保にも効果を発揮して、 より正確な音の再生を可能にしています。

グランド・アンカー(強固な足場)

スピーカーユニットを高速で駆動させるには、強固な足場が必要です。スピーカーユニットの高速の前後運動を質量でしっかりと受け止める足場として、ユニット後部に円錐形の錨(グランド・アンカー)を接続。素速く動いて素速く止まる、スピーカーユニットの理想的な前後運動を実現します。

エッグシェル・コンストラクション(卵形エンクロージャー)

スピーカーエンクロージャーは四角い箱型が一般的です。ところが、箱型を形成している角(カド)と平面には、音の進み方に少なからず悪影響を与えるという欠点があります。例えば、スピーカー前面の角(カド)で発生する回折効果や、内部の向かい合う壁面の間で発生する、共鳴や定在波などが、特定の周波数が強調されたり減衰する要因となるのです。
そこで、「正確な音」の再生をコンセプトとするECLIPSE Home Audio Systemsは、卵形ラウンドフォルムのエンクロージャー“エッグシェル・コンストラクション”を採用。剛性に優れ、同一半径面が存在しないので、回折効果、共鳴、定在波を極限まで排除できます。

メーカーの詳細ページ

http://www.eclipse-td.com/products/td510mk2/index.html

ミューシャンのための、音楽制作サポート・サービス

DAW LESSONは、DAWソフトやプラグインのレッスンから、楽曲アレンジや出張レコーディング・サービスまで、ミュージシャンの作品作りをお手伝いする、音楽制作サポート・サービスです。

blogやYoutubeで人気機材の使い方/レビューを公開中です! ぜひご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です